あなたの思いが伝わらない?「メラビアンの法則」の誤解を解いて「伝わる力」を187%アップさせる方法とは

タグ: , , 2019/11/22

[記事提供:Make Value Spirit – あなただけ才能を開花させ運気を作り「人」「お金」「愛」に愛される方法(https://makevalue-spirit.com)]

 あの人にこの思いを伝えたい・・・・

ということよくありますよね。

逆に言えば、「思いが伝わらない」「誤解された」ということも・・・

これ、どうして起こっているのでしょうか?

ここには「言葉」以外の要素ががっつり入っているのです。

それは、

・声のトーンや大きさ
・ボディランゲージ
・見た目の印象
など。

他人に思いを伝える時に有効な手段として有名な「メラビアンの法則」というのがあり、そこでは「人は見た目が9割」とも言われています。

人は第一印象でその人を一瞬にして評価してしまう、ということ。

ですが・・・

実は間違った解釈をされている方がたくさん・・・・

今回は「メラビアンの法則」を上手く取り入れてコミュニケーション力を上げながら、あなたの思いを伝える「伝え力」をアップさせる方法をお伝えします。

・合わせて読みたい→
人間関係に疲れてしまったあなたに…「2.6.2の法則」とは!?(https://cocokara-next.com/stress/2-6-2-rule/)

「メラビアンの法則」とは


「メラビアンの法則」は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)心理学名誉教授であるアルバート・メラビアンが、彼の著書『 Silent messages(邦題:非言語コミュニケーション)』の中で発表した法則です。

1−1.「メラビアンの法則」の理解

メラビアンの法則によると、相手に伝わるのは、

・言語情報(Verbal:7%):話の内容
・聴覚情報(Vocal:38%):声の質・速さ・口調
・視覚情報(Visual: 55%):見た目・表情・しぐさ・視線
ということ。

そして、コミュニケーションの上達術の中には4つの壁があるとされています。

(1)外見(表情、髪型、服装)
(2)態度(立ち方など)
(3)話し方(声の大きさやトーン、言葉の選び方など)
(4)話の内容

これらをそれぞれ改善していくと、伝え方が飛躍的にアップするということなのです。

しかし、「話の内容よりも見た目の印象が大事」という間違った解釈がされがちなのです。

それはどんな誤解なのでしょう?

「メラビアンの法則」の誤解

「メラビアンの法則」は、

・「話の内容は7%しか相手に伝わらない。だから、内容以前に見た目が大切。」
・「どけだけいい話をしても服装や表情次第で信用してもらえない」
・「アイコンタクトやボディランゲージが大事」
・「服装などの第一印象で決まる」

・・・と言うことを打ち出しています。

実はこれらってビジネスシーンで使われることが多いのです。

メラビアンの法則自体は嘘ではなくって、普通のコミュニケーションの時には通用しないということなのです。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧