若槻千夏さんから学ぶ、ネット炎上の「消火方法」

タグ: , 2019/8/2

 選挙の開票特番こそ生放送の醍醐味といえます。当落の喜怒哀楽や、先の読めないヒリヒリした空気が全て内包されているからです。いくら台本を用意しても、決してその通りにいかない。ゆえに出演者の人間性がストレートに表出するのです。

ネット上で炎上、謝罪に追い込まれる事態に…


 若槻千夏さんといえば10代からグラビアアイドルやタレントとして活躍。バラエティー番組におけるコメント力には定評があり、現在は子育て中ということもあって、ママさん視点からの的確な発言は常に共感を呼んでいました。

 しかし参院選の開票が行われた7月21日の夜、日テレ系の番組で特集された「教員時間外対応」の問題について発言したところ、ネット上で炎上、謝罪に追い込まれる事態となったのです。

 番組では小学校や中学校で教員が不足していることから、一人の教員に仕事が集中し、帰宅後の時間も削って対応するなどの現状が紹介されました。若槻さんは、小学校の先生が負担減のために勤務時間外の午後6時以降は電話に出ないなどの対策を取っている点に言及して、斬り込みました。

 「何かあったらどうするんですか。もし子どもが帰ってくるのが遅くなって心配になって、見つからない時に学校に電話をするのが親だと思います。それにも対応してくれないってことですか」

 昭和の時代だったら普通の疑問かもしれません。TBS系の名作ドラマ「3年B組金八先生」や「スクールウォーズ」に代表されるように、教師たるもの24時間いつでも体当たりで熱血指導に取り組むべし-。確かにそれが美徳とされた時代はありました。

 しかし、時代は令和です。教師の過労が問題となり、モンスターペアレンツの存在もあって、優秀な学生が教職を避ける傾向も高まっているとされます。それなりの人材が教師にならなければ、教育の現場はさらに痩せ細ってしまう。教員の「働き方改革」も大きな社会問題になっているのです。

・合わせて読みたい→
ノーモア炎上!ツイッター生徒から教師のココロとカラダを守れ(https://cocokara-next.com/stress/protect-the-heart-and-body-of-teachers/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧