ノーモア炎上!ツイッター生徒から教師のココロとカラダを守れ

タグ: , , 2019/1/29

動画を撮るために意図的に挑発

 あなたがあの日、教師の立場だったら、どんな対応を取りましたか。

 都立町田総合高校のツイッターを巡るトラブルが話題になっています。校内で男性教師による生徒への体罰があったのは1月15日のこと。教師が生徒と口論の末、顔面に右ストレートを繰り出し、さらにはダウン後も攻撃を続ける動画がSNSで一気に拡散しました。教師の「ふざけるんじゃねえよ。誰に言ってるんだよ」という怒鳴り声は生々しいものがありました。

 フツーなら「暴力教師による体罰は許せない」となるのですが、事はそんなに単純ではありません。何と動画の冒頭には生徒による「ツイッターで炎上させようぜ」との声が入っていたからです。そもそも撮影者がいること自体、不自然過ぎるというもの。殴られた生徒は以前から嫌悪感を抱いていた教師を陥れるために挑発を繰り返した上で、暴力シーンの証拠を収めることに成功したのでしょうか-。

 もちろん、世の中はそんなに甘くありません。教師側への同情論が高まり、ワナを仕掛けた生徒側を糾弾する声は日々、高まっています。だからといって教師による暴力は決して許されるものではありませんが…。

・合わせて読みたい→
お酒とSNS 「水戸はダメだな。死ね!」しくじり部長から学べる事(https://cocokara-next.com/lifestyle/alcohol-and-sns/)

スマホのカメラ、SNSと教師にとっては恐ろしい飛び道具だらけの時代


 これらの報道を目にするたびに思います。教師というのは何と割に合わない職業なのだろうと。

 民間企業では働き方改革が進み、長時間労働や公休未消化が露呈すれば即座に「ブラック企業」の烙印を押されるため、ビビった労務サイドがとっとと帰って下さいと消灯して、帰宅を促す現代。一方、教育の現場では部活の顧問を引き受けたらハイそれまでよ。やれ朝練だ、土日は試合だとプライベートの時間は削られるばかり。それらの奮闘が賃金に反映されることはほとんどありません。

 いや、教師という職業に魅せられたのはカネ目当てなんかじゃない。俺はミカン育てているんじゃねえ、人間育ててるんだとTBSドラマ「3年B組金八先生」の熱すぎるシーンに感銘を受けて教師になった方も多いと思いますが、不良の道に走ったアイツが実はいい子だったなんて、80年代までのおとぎ話ですよ。

 今の時代、ピアスを開けたキッズも野球部員もスマホの動画でしっかり証拠を残します。これが校長や教育委員会、マスコミの目に触れたらセンセー、あんたの人生一発アウトだ。子供たちは教師の一番の弱みをすでに分かっている。そしてガラスの十代は話せば分かる人種じゃない。その裏にはモンスターと化した親たちも控えている…。

 せっかく安定した仕事に就いて、結婚して子供ができてマイホームを建てたとしても、そんなところに落とし穴があったら人生、一寸先は闇。住宅ローンがたっぷり残っているのに、冗談じゃねえや-。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧