コロナ禍で風邪患者激減…病院経営&製薬会社にダメージのジレンマ

タグ: , 2020/10/18

 季節の変わり目。寒暖の差が激しく、体調管理に気をつけなければならない日々が続きます。さらにはこのコロナ禍。他の乗客の目が気になり、電車に乗っている間に、おちおちくしゃみや咳も出来ません。

・今すぐ読みたい→
【コロナ感染記】六本木の夜の店で働く人がコロナ陽性になったリアル ~発熱から入院まで編~ https://cocokara-next.com/stress/infected-with-the-new-coronavirus/


 そんな中、ある製薬会社の営業マンはこう証言するのです。

 「コロナ禍では正直、風邪薬の売り上げが苦戦しています。秋から冬にかけてはテレビCMの量を増やして、電車や雑誌の広告量も拡大していくなど、我々にとっては『稼ぎ時』なのですが、これまでのような売り上げが見込めずにいるのです」

 主な理由としては、

 (1)手洗い、うがいの習慣化
 (2)マスクの常用
 (3)そもそも人混みに出なくなった

 の3点が挙げられます。





 大手通信会社に勤務し、埼玉県内から都内のオフィスに通勤する30代の男性会社員は、これまで「風邪をひきやすい体質」と自身を分析していました。今、こう語ります。

 「ニューノーマルで過ごした結果、風邪とは無縁になりました。やっぱ、去年までが無茶苦茶でしたよね。咳が止まらない人と狭い会議室で長時間過ごしたり、風邪気味の人と密室のカラオケ店で歌いまくっていた(笑)。そりゃあ、風邪ももらうはずですよ」

「ストレス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧