チームを愛するがゆえに…、オーナーの「毒舌」平成名言集

タグ: , , 2019/4/30

 名物オーナーが、平成最後も怒りを爆発させた。

 オリックスの宮内義彦オーナー(83)が28日、京セラドーム大阪で行われた西武戦を観戦した。今季初先発のK―鈴木(25)が7回無失点の好投。大切なプロ初勝利の権利を手に降板したが、2点リードでリリーフした近藤大亮(27)と山崎福也(26)が炎上。8回に2人で計6四球を与え、押し出し3度を含む4失点で逆転負けした。


 自滅の展開に、黙っていられるはずがない。「いろんな逆転負けを見てきたけど、今日みたいなのはめったにない。(プロ初勝利を)つぶすのが得意なんだ、うちは」と救援陣の大誤算に怒りが沸騰。さらには「打者と勝負できない投手を使った方が悪い! ブルペンは何を見てるんだ。(起用法を)変えれば変えるほど悪くなる。そんなおかしな、バカな話あるか」と首脳陣批判まで展開。西村監督は「話にならない。ファームに行ってもらう」と近藤と山崎を試合中に『強制帰宅』させた。

 危機感が走ったチームは翌29日に意地を見せる。平成8年(96年)にチームを日本一へと導いた故仰木彬元監督の誕生日に、ブルーウェーブ時代の背番号72のユニホームをチーム全員が着用。ボロクソに言われた救援陣が踏ん張ると、吉田正尚(26)が決勝弾を放ち、連敗を3で止めた。平成最後の試合は勝利で飾ったが、借金5で平成の最後は最下位で終えた。

 低迷が続く。イチローらを擁して日本一になった96年以来、12球団でもっとも優勝から遠ざかるチームとなった。先月の激励会でオーナーは「私も相当、年になりました。冥土の土産がないままに閻魔(えんま)さんに会うのは非常にまずい。早いこと土産を作ってほしい。個人的に少し焦っている」とチームにハッパをかけたが、開幕ダッシュはならなかった。

 財界一の野球通として知られ、阪急球団を買い取ってオーナーに就任。チームを愛するがゆえ、酷評、激怒して『毒ガス』を噴射しまうこともしばしば。オーナーの平成名言集をピックアップした。

・合わせて読みたい→
ノムさんが選ぶ「平成ベストナイン」 とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/katsuyanomura-heisei-best-nine/)

「ストレス」新着記事

  • ストレス

    ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは

    2019.07.22 ストレス
  • ストレス

    育児子育てはストレスやうつの原因?

    2019.07.21 ストレス
  • ストレス

    ストレスに打ち勝つ食事と栄養

    2019.07.21 ストレス

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧