メディア人よ、「自宅前に集結」はもうやめよう…竹内結子さん死去に想う

タグ: , 2020/9/28

 コロナ禍で誰もが心の奥底に不安を抱いている2020年。三浦春馬さんに続き、竹内結子さんまで天国へと旅立ってしまいました。きらびやかで見る者に元気をくれたスターの急逝には、哀しみが募ります。





・今すぐ読みたい→
韓国ドラッグ汚染「日本で麻薬抜いてくればいい」発言で広がる波紋 https://cocokara-next.com/stress/korea-drug-contamination/


 あらゆる行動にアップデートが求められる令和のニッポン。しかし全く変わることなく、人々から呆れられ、怒りを買っている現象があります。

 こういった自殺報道の際に、メディアが大挙して芸能人の自宅前に張り込むことです。

 あるメディア関係者は言います。

 「誰もやりたくないですよ。唯一の理由は『他社が行くから』。何か起きたときにウチだけ現場を押さえられていない…いわゆる『特オチ』を防ぐためです」

 「行かされるのはほとんど若手記者。張り込み中にはツイッター上の批判的な意見も目にするはずですから、モチベーションが下がって辞めちゃうんじゃないかと、送り出す側も正直不安です」

 確かにテレビでも「ここが自宅前のマンションです」「現在、自殺の理由ははっきりしていません」と報じるだけで、全く意味の無い「絵」です。

 しかも大量に集結したメディアは完全に「密」を生んでいます。日頃は「三密を避けよう」と盛んに叫んでいるくせに、自分たちはどうなんだという話です。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧