『ポエム大臣』健在 進次郎環境相「おぼろげながら」で批判殺到「すぐ辞めて」

2021/4/25

 意味不明な発言で『ポエム大臣』と揶揄される小泉進次郎環境相がまた波紋を広げている。2030年度の温室効果ガスの新たな削減目標をめぐり、TBSの取材に「おぼろげながら浮かんできたんです、46という数字が」と発言。

SNS上では〈おぼろげながら浮かんできました。辞職の2文字が〉〈神のお告げですね、すぐ辞めてください〉などとおちょくられている。

・今すぐ読みたい→
麻生太郎氏、先見の明ありすぎ・・・1年前の「呪われた五輪」発言を振り返る https://cocokara-next.com/topic/cursed-olympic/


 22日に開かれたオンラインによる米主催の気候変動サミットに出席した菅首相は、2030年度の温室効果ガスの新たな削減目標について、2013年度比で「46%削減する」との方針を表明。欧米と足並みをそろえるため、現在の26%削減から大幅に引き上げた。急進的なカーボンニュートラルに慎重な経済界の意向を汲む経産省は「40%削減」で譲らず、環境省は「45%」を主張。進次郎氏はさらに高い「50%削減」を目指したとされている。

こうした流れを受け、TBS「NEWS23」が進次郎氏の単独インタビューを23日にオンエア。進次郎氏は「46%削減」に着地した理由について、こう話した。

「クッキリとした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら浮かんできたんです。46という数字が。シルエットが浮かんできたんです」





「意欲的な目標を設定したことを評価せず、一方で現実的なものを出すと『何かそれって低いよね』って。だけど、五輪目指す時に『金メダル目指します』って言って、その結果銅メダルだった時に非難しますかね」

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧