ワクチン不足は確信犯「都議選終わるまで黙ってたのか」河野大臣居直りに怒りの声噴出

タグ: , 2021/7/7


 菅首相が「感染拡大防止の決め手」と繰り返す新型コロナウイルスワクチンの不足が深刻化している。主に自治体向けの米ファイザー製は供給が先細り、大規模接種に振り向けられている米モデルナ製は枯渇状態だ。菅首相の「1日100万回」の掛け声で接種が加速したためだとみられていたが、当初からこうした事態を把握していたことが判明し、怒りの声が噴出している。

モデルナ製についてワクチン担当の河野行政改革担当相は6日、日本への6月末までの供給量が当初計画の4000万回分から1370万回分へ約6割減っていたと発表。「モデルナに対する世界的需要が非常に厳しい中で、モデルナ社と協議の上で決めた」と居直り、計画が変更された時期は「正確には覚えていないが、ゴールデンウイーク前くらいじゃないか」と言葉を濁した。だとしたら、なぜ職域接種を大々的に呼びかけたのか。足元の供給不足は事前に予測できたことだ。

・今すぐ読みたい→
ワクチン拡大で新たな懸念・・・活発化するシニア男性の「クラブ活動」 https://cocokara-next.com/topic/senior-mens-club-activities/




「2カ月以上黙って職域接種を申請させていたのか」
「そんな大事なこと黙ってたの?信じられない」
「責任問題なのに他人事!」
「内閣総辞職もの」
「都議選終わるまで内緒にしてたのか」
「衆院選がどうなるか楽しみ」

 SNS上にはこうした怒りの声が噴出している。一方で河野大臣は不足分については9月末までに供給されるとの見通しを示し、「9月末までに5000万回分」という計画全体には影響ないと強調したが、もはや鵜呑みにできない。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧