高野連は「アホ!ボケ!カス!」 V候補コロナ辞退が一転 不戦敗取り消しに

タグ: , 2021/7/19

 高校野球・夏の甲子園を目指す地方大会で新型コロナウイルス感染拡大の影響により、出場辞退に追い込まれる学校が相次いでいる。

・今すぐ読みたい→
申し訳ないが他競技と比べ「高校野球が特別である」3つの理由 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/why-high-school-baseball-is-so-special/



 なかには優勝候補も含まれる。新潟では昨夏独自大会で優勝し、県最多7度の甲子園に出場しているシード校の中越。福井では今春県大会準優勝で、春夏通算40度目の甲子園を目指していた強豪の福井商。両校とも複数の野球部員に陽性反応が出たため、やむなく出場辞退となった。

 一方、部内感染者なしで17日に出場辞退が発表された米子松蔭のケースは、SNSで大きな反響があった。今春の鳥取県大会で優勝し、夏の第1シードとして優勝候補大本命だったが、学校関係者1人の感染が確認されたため、境高校との初戦は不戦敗となった。

 同校主将のアカウントとみられるツイッターには「部員から陽性者は出ていません。試合もできずに、このまま終わってしまうのは、あまりにも辛いです。何とか出場する道を模索していただけませんか?」の書き込みが。悲痛な叫びはネットで拡散された。





 これに反応したのが元大阪府知事の橋下徹氏だった。自身のツイッターで「こんなアホなルール決めたんは誰や!」「彼らの後の人生を想像しろ!オリパラを開催した執念をここでも見せろ!」「対戦相手の同意は必要。対戦相手が同意しているのに高野連が試合を認めないなら、高野連はアホぼけカスの極み」などと激しく批判した。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧