堀口恭司「ハッキリ言ってギロチンは狙ってました」 年末RIZINを振り返って、新年インタビュー

タグ: , 2019/1/4

 「『笑ってはいけないシリーズ』、今年も面白かったですね(笑)」

2018年12月31日の大みそか。「RIZIN.14」で劇的な一本勝ちで試合を締め括り初代RIZINバンタム級王者の座を手にした格闘家・堀口恭司。

インタビューのたった数日前に、激闘を制した男の口からまさかの言葉が…。「あれ、それって自分の試合の裏番組では…」と言う聞き手の心理を察知したのか、すぐに「あ、録画で見ましたよ、さすがに(笑)」と笑いながら答えた。

・合わせて読みたい→
地球上で最強のアスリート 井上尚弥(https://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)


 堀口恭司の印象としては一言で表すと「謙虚な青年」。

格闘技が心底好きで、それを決して大きいとは言えない体全身で表現している格闘技少年と言う印象だったが、実際に会っても全く印象は変わらなかった。

2018年9月30日、埼玉スーパーアリーナで開催された「RIZIN.13」では、2018年末にボクシング元5階級王者フロイド・メイウェザーとの対戦でも話題となった那須川天心とキックボクシングルールで対戦。惜しくも判定で敗れてしまったが、「堀口恭司」と言う名前を日本中にアピールするには十分な試合内容だった。

そして先日、2018年12月31日には「RIZIN.14」で、ベラトール・バンタム級王者、ダリオン・コールドウェル(アメリカ)とRIZINバンタム級タイトルマッチ(初代王座決定戦)を戦い、勝利した。

 年末の激闘から数日経ったばかりの堀口恭司に、コールドウェル戦の振り返り、また2019年の抱負などを聞いた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧