紀平梨花、歴代トップスケーターからの評価は? 荒川静香さん、宇野昌磨さん等10人コメント一覧

タグ: , 2018/12/13

 女子フィギュア界で紀平梨花(16)が注目を集めている。シニアデビューした今年4戦4勝でグランプリファイナルも制し、飛ぶ鳥落とす勢いだ。伊藤みどり、浅田真央と受け継がれてきたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に、五輪女王ザギトワらロシア勢の牙城を崩す活躍ぶり。その実力は本物なのか、勢いだけの「一発屋」なのか。紀平への歴代トップスケーターの評価は?

・合わせて読みたい→
紀平梨花アラカルト 体脂肪率6%、幼稚園は「ヨコミネ式」、得意科目=数学etc.(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rikakihira-ala-carte/)


◆伊藤みどりさん(92年アルベールビル五輪銀メダル。日本の女子シングルで史上初のトリプルアクセルを決めたパイオニア)
「紀平選手のトリプルアクセルは簡単に跳んでいるように見える。私はダイナミックで、真央ちゃんは高さがあったけど、同じようには見えない。効率の良い跳び方をマスターしている。最初のジャンプで失敗しても、2回目に挑戦する勢いがジャッジに好印象を与えます。真央ちゃん以来のスターですね」

◆杉田秀男さん(57年世界選手権代表)
「真央さんは出てくるだけで人を引きつける独特なオーラがあった。伊藤みどりさんは誰にもまねできない高くてパワーある強烈なジャンプを持っていた。紀平選手は2人を足して2で割った選手になる気がしますね。最初にミスしても、そこから先の演技が小さくならず堂々としていた。試合に出れば出るほど強くなっている印象」

◆本田武史さん(98年長野、02年ソルトレークシティー五輪代表)
「ものすごい演技。トリプルアクセルはスポーツカーみたいな感じで、ビュンって飛んじゃう。空中での修正力がすごい。ジャンプを上がった瞬間にいつもと違う場所に軸があっても、降りる瞬間にはいつもの位置に戻せる。空中バランス、空中での自分の体を理解できている。動物的勘というか、ほんとネコみたいな。本当に身体能力が高い選手」

◆織田信成さん(10年バンクーバー五輪代表。自身のツイッターで「梨花ちゃん3A(トリプルアクセル)の加点、男子やん!」と絶賛)
「紀平選手のジャンプは国際スケート連盟の教育用のビデオでお手本として紹介されているほど、きれいなフォームで加点がつきやすい。真央ちゃんのトリプルアクセルは『ふわっと柔らかい』けど、紀平選手はキレがあってシャープ。ジャンプの種類に得意不得意がないので、トリプルアクセルを失敗したとしても、どのジャンプでも出来栄え点を狙うことができる」

◆荒川静香さん(06年トリノ五輪金メダリスト)
「とてもポテンシャルが高い。ジャンプが注目されがちですが、スピンの回転も速く、ポジション(形・姿勢)が多彩。表現力の高いステップも魅力的ですね。ジャンプに関しては得意不得意がなく、どの種類も高いクオリティーで飛ぶことができる。どんな精神状態であっても実力を発揮できるようになれば、他の選手にとっても脅威になると思います」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧