引退から1年…巨人のコーチを辞退してまで相川亮二が選んだセカンドキャリアとは?

タグ: , , , 2018/10/4

 横浜、ヤクルト、巨人で現役23年、日本代表としても活躍した名捕手の相川亮二さんがマスクを脱いで一年になる。現在は野球評論家、パーソナルトレーニングジムの運営、飲食店の経営などを手掛け、メンタルトレーナーの資格を取得するなど、新たな人生を意欲的に過ごしている。そんな相川さんに、第二の人生について話を聞いた。

引退から1年を振り返って


——23年間の現役生活、引退されて1年経ちますが、今の正直な気持ちは?
相川:野球をやらないってことが楽だったというか、暇だったというか(笑)。こんなの人生で初めてなので、野球への意識が薄れたということが。朝起きて、「今日は体大丈夫かな?」とか心配しなくていいという生活が、自分にはありえない生活だったので。ホッとしたという気持ちが一番ですね。勝てるのかなとか、活躍できるのかな、体は大丈夫かな、とかそういうプレッシャーから解放されたなという。ただ、それがないっていうのも寂しいという気持ちもありますけどね。野球やりたいな、という気持ちはもうないですね。自分がプレーすることに思い残すことはないですね。

——引退されてからはどのようなことをされてきましたか?
相川:キャンプの視察や評論といった野球関係の事と、六本木で「A-ARK(エーアーク)」というパーソナルトレーニングジム、神田の方で「Koby’s Ranch(コービーズランチ)」という肉料理店を運営しています。あとは、メンタルトレーナーの勉強もしていました。

・合わせて読みたい→
相次ぐ松坂世代の引退…元同僚の加藤健が見た村田修一の素顔(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/shuichimurata-of-the-real-face/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧