トマトの力。トマトが赤くなると医者が青くなる?

タグ: , , 2018/6/6

 「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど、トマトは身体に良いといわれています。


抗酸化作用

 トマトの鮮やかな赤色を作っているのは「リコピン」という色素。にんじんなどに含まれているあの「ベータカロチン」の仲間で抗酸化作用はベータカロチンの2倍とも言われています。

ビタミンが豊富

 また、美白効果やコラーゲン生成を促す「ビタミンC」、血液の流れをよくするといわれている「ビタミンE」などが豊富に含まれており、正にトマトは栄養の宝庫!

 リコピンはもともと「油」に溶けやすい性質を持っているので、トマトサラダにドレッシングをかけて食べるのも効果的。イタリア料理でよく使われるトマトソースなどオリーブオイルで調理しているのも納得ですね♪

【監修】
スポーツクラブNAS
スポーツ健康医科学研究室
後藤 真二

【合わせて読みたい】
食べることを意識すれば、運命はいとも簡単に変わっていく(http://cocokara-next.com/food_and_diet/be-conscious-that-eat-change-the-fate/)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

関連記事

「フード&ダイエット」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧