静電気がおきにくい洋服の組み合わせは?

タグ: , , 2018/4/21


 冬は重ね着ファッションを楽しめる季節ですが、悩みは静電気ですよね。
 どのような洋服の組み合わせだと静電気が起きにくいのか、また着脱する際の注意点について説明します。

静電気が起きにくい洋服の組み合わせは?

 静電気が起きやすいかどうかは、2つの素材がプラス・マイナスどちらに帯電しやすいかによります。
 以下の表で離れている素材ほど、静電気が発生しやすいといえます。

また麻や綿、絹などの天然素材は、もともと帯電しにくい素材です。

○ウールセーター(+)&綿のシャツ
○綿混入のジャケット、コート&ウールのマフラー(+)
×ウールセーター(+)&ポリエステルの下着/フリース(-)
×ポリエステルのスカート(-)&ナイロンのレギンス/タイツ(+)
×アクリルのニット(-)&ナイロンの上着(+)

 寒い冬に暖かいヒートインナーは、アクリルやポリエステルを使用していることが多いので、静電気を防ぎたいのであれば、綿や絹の下着にした方がよいでしょう。またタイツやストッキングはナイロン素材が多いですが、綿や絹の混合素材を選んだ方が静電気は起きにくいようです。

静電気を防ぐためのポイントとは?
 静電気を防ぐいちばん簡単な方法は、机や壁などに触ってから洋服を着脱することです。静電気防止スプレーや界面活性剤を含む「衣類用の消臭スプレー」なども効果的です。また洗濯の際に柔軟剤を使用すると、衣類がふんわりとなり、繊維同士の滑りがよくなるので、静電気が発生しにくいといわれています。

 静電気の性質を知ることである程度解消することができます。冬の重ね着ファッションを楽しみつつ、暖かく過ごしてくださいね。


「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

関連記事

「ライフスタイル」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧