「阪神の西純矢を大きくしたような感じ」アマ野球取材のプロが語る今ドラフト注目投手

タグ: , , , 2022/10/18

 いよいよ20日に迫った今年のプロ野球ドラフト会議

 例年様々なドラマが起こっているが、今年はまた一味違ったものになりそうだ。

 その理由は、「本命不在」ということ。これまでの清宮幸太郎(日本ハム)、佐々木朗希(ロッテ)、根尾昂(中日)といった、いわゆる「目玉」となる選手がいないことも注目を集めている。

 そんなドラフト会議を前に、スポーツアンカー・田中大貴氏のYouTubeチャンネル「アスリートチャンネル」では、高校・大学・社会人野球を中心に年間300試合以上現地での取材を行うスポーツライター・西尾典文氏と、大学野球を中心に、中学・高校野球などのアマチュアを主に取材する高木遊氏を交え、注目投手について語った。

【動画】迫りくるドラフト会議に向けて注目選手を紹介します!






 本命不在のため、12球団の選択が分かれるのではないかという西尾氏。一方の高木氏も、予想外の選手を上位で指名するなど、サプライズ指名も起こりうると予想。

 そんな中、まず最初に注目したいのが、春・夏の甲子園通じて11勝を挙げている、近江高校の山田陽翔投手だ。今夏の甲子園では同じく注目選手である高松商の浅野との名勝負も話題を集めた。

 今年のドラフト候補の中では最も知名度がある選手にも思えるが、意外にも西尾氏はこのように評価をしているという。

「正直、1位指名はないのではないかと思います。高校生には完成度よりスケールを求めるのが大きい。山田選手は身長もそれほど大きくなく、投手としては小柄な方です。完成はされているものの、今後の伸びしろなどを考えると1位指名ではちょっと…と、スカウトの方も話していましたね」

 その西尾氏だが、自身が注目している候補に、こんな選手を挙げている。

「苫小牧中央高校の斉藤優汰選手です。甲子園は出ていませんが、現日本ハムの根本投手の2学年下にあたります。身長が190cm近くある大型投手で、速い時は150キロを超えます。わかりやすくスケールのあるピッチャーで、1ー2年の間、ファームでしっかりと鍛えたらエースになれるのではと思っています。タイプ的には阪神の西純矢投手をさらにもう少し大きくしたような感じです」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧