サヨナラ負けの野球米国代表がとった奇策「内野手5人シフト」 過去に成功事例はある?

タグ: , , , 2021/8/3

 野球日本代表の侍ジャパンは2日、決勝トーナメント初戦の米国戦に劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。9回1死から同点に追い付き、延長10回タイブレークの末に甲斐拓也が右越えのサヨナラ打を放った。

・今すぐ読みたい→
稲葉監督「迷采配」サヨナラ勝ちに野球ファン賛否 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/samurai-japan-strange-coaching/



 今大会の延長タイブレークは10回から採用。無死一、二塁で継続打順の打者が打席に立ち、打順が1つ前の打者が一塁走者、2つ前の打者が二塁走者となる。

 10回表、米国は5番フレージャーからの打順。送りバントはさせずそのまま打たせて、栗林の前に3者凡退に倒れた。

 対する日本はその裏、村上に代打・栗原を告げて送りバント。1死二、三塁となり、甲斐が右越えのサヨナラ打で試合を決めた。

 この場面、米国は中堅手を内野へ移動させ、外野手を2人に減らし、内野手5人シフトを敷いてきた。メジャーではしばしば見られるこのシーン。サヨナラ負けを阻止したい土壇場で採用され、米国の指揮を執るマイク・ソーシア監督がエンゼルス監督時代にもよく使った作戦でもあった。

 ソーシア監督は2002年にはエンゼルスでワールドシリーズ制覇。その時に腹心となるベンチコーチとして支えたのが、現エンゼルスのジョー・マドン監督である。ソーシアの英才教育を受けたマドンは、その後レイズ監督として頭角を表し、カブスの指揮官としてワールドシリーズ制覇を成し遂げた。現在ではメジャーきっての智将として知られるが、そのマドンもソーシア譲りの内野手5人シフトの使い手として知られる。





 日本プロ野球でも、過去に何度か公式戦でみられたシーンはある。巨人・原辰徳監督は2014年7月の阪神戦で採用したことがある。よく用いていたのが広島と楽天を指揮したマーティ・ブラウン監督。公式戦で5度以上採用している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧