F1史上初「タイ人ドライバー」として表彰台に立ったアレクサンダー・アルボンとは

タグ: , , 2020/9/14

 13日にイタリアのムジェロサーキットで初開催されたF1第9戦トスカーナGPで、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボン(24)=タイ=が自身初表彰台となる3位を獲得した。

自身初の表彰台に立ったレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボン。後方にはタイ国旗が掲げられた(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
「今度こそ国民栄誉賞ものの快挙ではないか」との声も 佐藤琢磨が3年ぶり2度目のインディ500優勝 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takumasato-historical-achievement/


 前戦イタリアGPでは同じレッドブル陣営でライバル関係にあるアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー(フランス)が初優勝を飾り、チームに12年ぶりの勝利をもたらした。来季のレッドブルのレギュラーシート争いを巡ってはガスリーに一歩リードされた形になっただけに、クラッシュ多発で完走12台という波乱のレースでアルボンが最後まで生き残り、意地の走りを見せた。

 「ここまで来るのは長い道のりだったので大変うれしい。表彰台に立てたことは特別な思いです。このチームに来てからずっとサポートしてくれたことへの恩返しになったのではないかと思うし、僕の力を示すことができた」

 1周目に同僚のマックス・フェルスタッペン(オランダ)とガスリーが事故の巻き添えになってリタイアするなどクラッシュが原因で2度もレースが赤旗中断に。再々スタートが切られた終盤には、いったんはルノーのダニエル・リカルド(オーストラリア)など2台に追い抜かれたものの、コース上で抜き返すことに成功。メルセデスの2台に続いてゴールラインを通過した。

 タイ国籍の選手の表彰台は史上初。日本人では鈴木亜久里(1990日本GP)、佐藤琢磨(2004年アメリカGP)、小林可夢偉(12年日本GP)がいずれも3位をマークしており、アジア人では4人目となる。





 ただしアルボンの出身地はタイではなく、実は英ロンドン。元レーシングドライバーで英国人の父ナイジェルさん、タイ人の母カンカモルさんの間に生まれ、英国、タイの二重国籍なのだ。自身が15歳の時に家庭の事情でタイのレーシングライセンスを取得することを決断し、「タイ人ドライバー」となる道を選んだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧