オリ先勝!中嶋マジック再び!不気味な「笑顔作戦」とは

タグ: , 2021/11/21

 「SMBC日本シリーズ2021」第1戦(20日・京セラドーム大阪)はオリックスが2点を追う9回に吉田尚が逆転サヨナラ打を放ち、4―3と勝利。日本シリーズ第1戦を制した。

・今すぐ読みたい→
球界の非常識は成功者によって常識に。オリックス山本の変則アーム投げは大谷二刀流に続けるか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobuyamamoto-anomalous-arm-throw/



 ゲームの流れは二転三転した。最初にゲームを動かしたのはヤクルト。先発奥川が試合を作り、打線は相手エースの山本にチームとしてできるだけ球数を多く投げさせるなど、粘り強く攻略。6回一死一、二塁から中村が値千金の先制打で貴重な1点をもぎ取り、マウンドから引きずり下ろすと8回にも若き主砲の村上が日本シリーズ1号2ランを放ち、3―1と優位に進めた。

 暗転したのは9回だ。ヤクルトの守護神・マクガフの制球が定まらず、先頭の紅林が右前打で出塁すると続く代打・ジョーンズが四球で無死一、二塁とチャンスを広げる。福田の投前送りバントをマクガフが三塁送球したことで犠打野選となり無死満塁。ここで宗が中前に同点の2点打。続く吉田正が中越えのサヨナラ二塁打を放ち、試合を決めた。10月中旬に死球を受け右尺骨を骨折。手負いの主砲は折れたままの右手を突き上げ「しびれましたね! ラストチャンスをいただいて、最後、流れが来ている中で心拍数が上がっていた」と破顔一笑。本拠地京セラドームに詰めかけたオリックスファンと喜びを分かち合った。

 一方のヤクルトにとっては手痛い一敗となった。戦前から相手エースの山本を攻略できれば、シーズンでも流れを引き寄せられると見られていたが、厳しい結果に。一方で敗戦の要因にこれまでも采配をズバズバ的中させてきた「中嶋マジック」を上げる声もあった。





 「山本対奥川の投手戦が注目を集めたが、7回のモヤの代打本塁打もすごかった。CSファーストステージは出番がなかったと聞いたが、それも中嶋監督の作戦だったのではと思わせるほど。ここぞというときにつぎこむ選手がのきなみ結果を出すのはさすがの鬼采配です」(放送関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧