広島カープ・集団感染により試合中止に プロ野球界で昨季を上回る件数の集団感染が相次いでいる理由とは

タグ: , , 2021/5/22

 今度は広島だ。新型コロナウイルスの猛威は球界でもとどまるところを知らない。

5月17日に菊池涼介内野手、小園海斗内野手、正随優弥外野手の感染が判明。その後の追加検査で鈴木誠也外野手、長野久義外野手、大盛穂外野手、石原貴規捕手、羽月隆太郎内野手の5選手と、朝山東洋打撃コーチとスタッフ1人が陽性判定を受けた。集団感染の事態を受けて、21日からの阪神3連戦は中止に。その午後、新たに倉義和バッテリーコーチの陽性判定が発覚した。

・今すぐ読みたい→
本塁打数単独トップを走る大谷翔平 松井秀喜のシーズン31本は本塁打王にどれだけの距離に迫っていたのか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-homerun-king/



 これでチーム関係者の感染者数は11人に達した。最初の3選手の陽性発覚後に行ったPCR検査では、後に陽性判定を受ける選手やコーチらも一度は陰性を示していた。潜伏期間と度重なる検査を経て、陽性者があぶり出された格好だ。公式戦再開のために、今後は連日のPCR検査をスクリーニング目的で行っていくという。新たに陽性反応を示す感染者が続いても不思議ではない状況だ。

 プロ野球は開幕直前にヤクルトが球団スタッフらから拡大し、西田明央捕手が感染。開幕後は巨人で集団感染が発覚し、中島宏之内野手、丸佳浩外野手、若林晃弘内野手、ゼラス・ウィーラー内野手の4選手が陽性判定を受けた。

 その後は日本ハムで集団感染が起きた。中島卓也内野手、西川遥輝外野手、清水優心捕手、ロニー・ロドリゲス内野手、高浜祐仁内野手、今川優馬外野手、郡拓也捕手らチーム関係者計13人が感染し、札幌市内の保健所からクラスター認定された。日本ハムは計4試合を延期。代替日程はまだ決まっていない。





 昨年は阪神、ロッテで集団感染が起きた。コロナ初年度であった昨季よりも、さまざまな知見を積み重ねてきたことで、感染対策の基本的対処は向上しているはずだった。それでも昨季を上回る件数の集団感染が相次いでいる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧