セ新人特別賞5人は多すぎない? 新人王は栗林、年俸では牧、下剋上は中野!

タグ: , , 2021/12/19

 ハイレベルな争いとなった2021年セ・リーグ新人王レース。軍配は広島の栗林良吏投手(25)にあがったが、ライバルたちの活躍も認められ、阪神佐藤輝ら大量5選手にも新人王と同等の「新人特別賞」がおくられる異例の措置がとられた。今回受賞した計6選手をさまざまな角度から比較してみた。

・今すぐ読みたい→
大田DeNA入りも年俸60%ダウン!ノンテンダーは「無理筋」か https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taishiohta-baystars-02/

新人王


①広島栗林=201票
②DeNA牧=76票
③ヤクルト奥川=12票
④阪神佐藤輝=8票
⑤阪神中野=5票
⑥阪神伊藤将=4票

 混戦が予想された新人王争いは、フタを開けてみれば、広島栗林が2位に125票差をつけて圧勝。デビューから22試合連続無失点の37セーブ、防御率0・86と文句なし。チームでのフル回転に加え、侍ジャパンでも守護神に抜てきされ、2勝をあげて金メダル獲得に貢献した。五輪は選考の対象外だが、重圧のかかる大舞台でも活躍した「印象度」もかなり票に影響したとみられる。





来季年俸ランキング(金額は推定)

①DeNA牧=7000万円
 (△5700万アップ)
②広島栗林=5300万円
 (△3700万アップ)
③阪神伊藤将=4400万円
 (△3100万アップ)
④阪神佐藤輝=4200万円
 (△2600万アップ)
⑤阪神中野=3700万円
 (△2900万アップ)
⑥ヤクルト奥川3600万円
 (△2000万アップ)

 プロはお金を稼いでなんぼの世界。新人王では次点だったDeNA牧秀悟内野手(23)が、契約更改で主役になった。5700万円アップの来季2年目年俸7000万円の大幅昇給を勝ち取った。野手では20年近本(阪神)の4500万円を大幅に更新する史上最高額。投手を含めても和田(ダイエー)の8000万円に次ぎ、松坂(西武)、菅野(巨人)と並ぶ歴代2位タイ。137試合出場で打率リーグ3位の3割1分4厘、22本塁打。新人で「3割+20本塁打」は86年清原(西武)以来。新人史上初のサイクル安打もマークした。球団により評価の違いはあるが、金額では新人王の栗林を1700万円も上回った。

 ヤクルトでチームトップ9勝をあげ、リーグ優勝、日本一の原動力になった奥川恭伸投手(20)は来季年俸3600万円でもっとも低かった。牧には約2倍の大差をつけられ、エース級の働きを考えれば安くおさえられた印象も。ただ他5選手はすべて大学社会人で、高卒2年目の20歳はこれからの伸びしろに期待。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧