ベストナインまたも繰り返された不可解投票!投票制度に一石投じる声とは

タグ: , , 2021/12/16

 もう限界だろう。

 15日に発表された、記者投票による2021年ベストナイン。受賞選手は順当だったが、問題は選外となった少数意見。ファンが「いい加減にしろ!」と言いたくなるような不可解投票が今年も散見された。

・今すぐ読みたい→
巨人・坂本 1億円アップの裏にささやかれる「あの選手のケア代」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reason-for-100-million-yen-increase/



 たとえばセ・リーグの外野手部門。外野での出場試合数が極端に少ないヤクルト荒木(今季出場23試合)、広島松山(同13試合)、阪神陽川(同10試合)に1票ずつ入った。投票した記者は何を考えた1票だったのだろうか。

 パ・リーグ投手部門では、オリックス山本由伸の満票選出確実かと思われたが、オリックス宮城、ロッテ益田、ソフトバンク千賀に1票ずつ入った。千賀は球界を代表する投手だが、今季は10勝止まりでチームはAクラス入りを逃した。18勝はじめ投手タイトル5冠で優勝に導いた山本に、今年の千賀が対抗できる余地はあっただろうか。

 昨年のベストナインはもっと酷かった。昨シーズン限りで戦力外となった巨人モタ、吉川大幾に票が入り、ネットは大炎上した。多数決での少数意見は大事にしないといけないが、的外れな投票が後をたたず、選手にとって最高の栄誉であるはずの賞の価値を下げている。





 選考方法に問題がある。シーズン後の表彰のうち、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、MVP、新人王が記者投票によって決まる。全国の新聞社・通信社・テレビ局・ラジオ局に所属し、プロ野球取材経験5年以上が投票権を持ち、記名投票する。ただ記者名は公表されないため、誰がどんな理由で誰に投票したかわからない。これが「おふざけ投票」の温床となっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧