大麻とラグビー・・・論争には女優・高樹沙耶さんも参戦。「ストロングゼロの方がヤバい」との声も

タグ: , 2020/1/27

 空前のラグビーブームに水を差す、衝撃的な一報でした。

 創部90年以上の歴史を誇る大学ラグビー界の強豪・日大の3年生部員が、大麻取締役法違反(所持)の疑いで警視庁原宿署に逮捕されたのです。容疑は1月18日の夜、渋谷区の路上で大麻を所持したというもの。原宿署は20日の午前中、稲城市内にある日大ラグビー部の寮を家宅捜索しました。

・今すぐ読みたい→
ラグビー・稲垣啓太が笑わない理由と伝説集、海外勢からは「ジャパニーズ・マフィア」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/keitainagaki-hardly-smiles/)

「ONE TEAM」で盛り上がったラグビー界だったが・・・


 ラグビー関係者はこう嘆きます。

 「去年のワールドカップでは、これまでラグビーに関心がなかった方々にその魅力を存分に堪能いただきました。これを一過性のものにしてはいけない、ブームで終わらせてはいけないと、みんな一生懸命に頑張ってきた。今年になってその結果がしっかり表れて、『さあやるぞ』と思っていた中での逮捕劇ですからね…。残念と言うしかありません」

 「ONE TEAM」が流行語大賞を受賞し、NHKの紅白歌合戦にもラグビー日本代表のメンバーが彩りを添えたように、2019年はラグビーがお茶の間を席巻した年でした。

 そして2020年。スポーツ界にさらなる熱視線が注がれる中、ラグビー全国大学選手権の決勝には5万3000人を超える観衆が国立競技場へと詰めかけ、早稲田と明治が熱戦を展開しました。続くトップリーグの開幕戦では8試合の合計観客数がのべ11万6737人となる盛況ぶりを見せたのです。

 テレビや新聞、ネットの各メディアも大きく報じました。「ラグビーは数字が取れる」「一面にすると即売が売れる」「PVを持っている」。これらが定説になりつつある中での不祥事でした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧