「自分を嫌いになりそうだったけど」逆転Ⅴを許した原英莉花が胸の内を明かす。最後は優勝の稲見に「モネおめでとう!!!」

タグ: , , 2022/8/30

(C)Getty Images

 女子プロゴルファーの原英莉花が8月29日、自身のInstagramを更新し、350文字を超える長文で心境を吐露した。

 原は25~28日にかけて北海道の小樽CCで行われていた『ニトリレディス』に参戦。3日目までトップをキープするも、最終日に大きくスコアを落として今季初優勝を逃した。試合後の会見で涙を見せていた23歳は、投稿でも「今回の結果は、残念で情けなくて悔しくて」と吐露。しかし、うまく気持ちを切り替えられたようで、「言い出したらキリがないけど、、でもオフや1ケ月前から考えたら上向き そう考えようと思います」と前を向いた。

【画像】「残念で情けなくて悔しくて」「自分を嫌いになりそうだったけど」原英莉花が想いを明かした投稿の全文はこちら

 今季序盤は腰痛に悩まされていたが、師匠のジャンボ尾崎から助言を得て病院に通い、劇的に状態が改善。その結果として、『CATレディース』で5位に入り、今回の『ニトリレディス』でも3日目まで首位を走る好調ぶりを披露していた。優勝という結果には届かなかったものの、日頃の努力が少しずつ現れているのだろう。「早く結果に繋がれば嬉しいけど 前向きにコツコツ続けていたら いつか見違えるほど強くなる日が、、来るかもしれない」と力を込めた。

 最終的に今回の試合は5アンダーの7位タイに終わったが、この悔しさをバネに前に進むしかない。

「自分を嫌いになりそうだったけど 色んな人に支えられて ちょっと耐えた気がします。
 今日は ちょっとだけ息抜きしようかな」

 原はそう綴った投稿の最後に、優勝した稲見萌寧に向けて「モネおめでとう!!!」と祝福の言葉を送っている。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「絶世の美女ですわ」原英莉花、前夜祭での艶やかなドレス姿が「プレー中とは違った一面」と話題!
【関連記事】「姫!可愛すぎですぞ」原英莉花の”全身ピンク”コーデにファン歓喜!「本当に何着ても素敵」
【関連記事】金田久美子、ホールインワンのグリーン上で見せたマナーに称賛の声「最後のぺこりが可愛い」「お辞儀がいいね~」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧