アロンソがパリダカ参戦へ、F1王者経験者の挑戦は初

タグ: , , 2019/9/8

 ベテランのモータースポーツファンなら「パリダカ」という言葉を耳にしたことがあるだろう。かつてはフランス・パリをスタートし、アフリカのサハラ砂漠を走破しながらセネガルの首都ダカールを目指した冒険型のラリーイベントのことだ。日本人では1997年に篠塚建次郎、2002、03年の増岡浩がいずれも三菱自動車チームで総合優勝を果たした。

ダカールラリーに挑戦するアロンソ(右)(トヨタガズーレーシング提供)

もはやアフリカが舞台ではない「パリダカ」、今はどこで?


 この大会は今も続けられている。が、アフリカを舞台にしていない。では、どこで開催されているか。2009年から今年1月の大会まで10年間は、南米大陸で行われ、来年の次回大会から中東のサウジアラビアに移る。もはたパリダカではないのだ。

アフリカを離れた理由は治安が悪化したためだった。現地の武装集団から何度もテロ予告を受け、1998年には銃弾を受けた競技車両もあった。選手やチームスタッフらの生命をこれ以上、保証できないとして引っ越しを余儀なくされた。南米ではアルゼンチンを中心にチリ、ペルー、ボリビア、パラグアイなどが競技ルートとして選ばれ、活況を呈したが、支援してきた国々が徐々に手を引き、今年の大会はペルー1カ国での開催に。尻つぼみになっていた。

・合わせて読みたい→
大谷翔平、八村塁の他にもいる米スポーツで活躍中の日本人とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nascar-hattorishigeaki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧