西崎幸広が見る日ハムの投手起用法「起用法が定まらないと調整が難しい」

タグ: , , 2020/7/21

[遂に開幕。プロ野球2020・ドコモなら月額980円(税抜)で見放題・初回31日間無料]

 ファイターズのエースとして3年連続15勝、5年連続2桁勝利をおさめるなど大活躍をした西崎幸広さん。

そんな西崎さんに、近年のファイターズの投手起用について話を聞いた。

・今すぐ読みたい→
元巨人・斎藤雅樹さんが試合中に当時の王監督に激怒した事とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-furious/

ショートスターターは懸念が大きい

ーファイターズの象徴的な戦い方でいうと、昨年「ショートスターター」を使っていましたが、この戦法について、西崎さんはどう考えていますか?

「僕はどちらかというと反対ですね。実際に去年やった中で成功した試合はほとんどない。それじゃあやる意味がないと思っています。あとは、先発ピッチャーはいいかもしれませんが、2番手以降の負担が大きい。これまでの使い方を見ていると、投手がダメになってしまいそうな気がしていて、懸念しています。」

実際に昨年、中継ぎ陣からは「いつ行くかタイミングが分からず、準備が難しい」との声も上がっているなど、チーム内でも議論がされていた。

ー投手の起用法という面で、昨年から玉井投手が65試合登板し、ロングリリーフをはじめ、火消し、勝ちパターンなど様々な場面で起用されていましたね。

「玉井投手はどちらかというと気持ちで投げるピッチャー。そういった点では、気持ちのケアというのがとても大切になってくると思います。ただ、あれだけフル回転していると、潰されてしまう可能性があって怖いですね・・・」

玉井は今シーズンもここまで12試合に登板し、既に様々な場面でフル回転している。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧