コロナ感染拡大でボロボロのオールスター強行開催にファンも呆れ顔

タグ: , , 2022/7/26

 「これがオールスターゲームなのか…」。ネット上に野球ファンの失望の声があふれている。26、27日に行われる真夏の祭典・マイナビオールスターゲーム。夢の競演が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響をもろに受けている。

【関連記事】原巨人 OBから指摘された「前半戦失速」の「戦犯」とは






 各チームでの集団感染の影響を受けて、巨人は大勢、菅野智之、岡本和真、丸佳浩、中田翔が辞退。故障の坂本勇人も辞退した。パ・リーグでもコロナ感染した西武・増田達至と日本ハム・野村佑希が辞退。松本剛と又吉克樹は負傷によって辞退した。大会前日の25日には、ロッテ・東條大樹も感染によって辞退した。

 先発投手にも疑問符が付いた。第1戦の舞台はペイペイドームであることから、ソフトバンクの育成出身の大関友久が全パの先発に指名された。今季6勝5敗、防御率2・70の左腕だが、直近2連敗中で、最後の20日楽天戦は2回8失点と大炎上したばかり。パ・リーグではファン投票でロッテ・佐々木朗希と、昨季沢村賞のオリックス・山本由伸の2人が選出されている。両右腕で先発マウンドを分け合うと見られていただけに、地元選手とはいえ起用に首をかしげるファンが多かった。

 また代替選手は多くが辞退選手と同じチームから選出された。そこで所属チームにこだわる必要が、果たしてあったのか。西武・増田の代役は本田圭佑、ロッテ・東條の代役は小野郁となり、「無理な代役選出は、元々低いオールスターの権威を下げることにならないか?」との声が相次いだ。

 BA5株への置き換わりに伴い、オールスター直前になって新型コロナの感染が大きく拡大した。開催自体に疑問の声や危ぶむ声が上がる中、プロ野球は21日にオーナー会議を開催。議長を務めた巨人の山口寿一オーナーは「オールスター戦は必ず行います」と開催への強い決意を示した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧