原巨人いよいよ終戦か 総額3億円 ささやかれる「戦犯の名前」とは

タグ: , 2021/9/29

 打で大きな期待を集めていたのは梶谷だ。昨年はリーグ2位の打率を残すなど、安打製造機としての役割が期待されたが・・・。

 「入団前から心配されていたようにケガが多い。ここに至っても、腰痛の影響でファームの試合に出られないなど、首脳陣からしたら、正直いってアテにできないでしょう。ここから3年の契約も残る。不良債権化しないといいですが」(同)。

 梶谷は昨オフ、4年8億円(金額は推定)の超大型契約を結び入団。開幕当初は打率3割をキープと頼れるリードオフマンとしてチームを引っ張っていたが、5月には試合中のプレーで左足太もも裏を痛め離脱。約1か月後に復帰したものの、今度は7月上旬の阪神戦で右手甲に死球を受け、骨折するアクシデント。その後、9月初旬に実戦復帰のメドが立つも「持病の腰痛で、調整が遅れている。何よりチームが1番のピンチを迎えている9月の戦いに加われないようでは、FA選手の役割は果たせていない」(同)。

 梶谷は今季ここまで61試合に出場し、2割8分2厘、4本塁打、23打点の成績を残す。不運なケガもあったが、シーズンの半分しか戦えず、前記の成績ならば、井納と同じく「高い買い物」だったと見られてもしかたがない。

 勝負の9月を6勝12敗5分けと苦しい戦いを強いられている原巨人。「たられば」は勝負に禁物だが、2人がもう少し働いていたら―、はGファンの本音だろう。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは
「中田の呪い」は存在するのか 中田加入後の巨人と日本ハムの対照的な影響とは
巨人・梶谷 年俸2億円男に「スペランカー体質」を心配する声

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧