清宮だけじゃない、「有鉤骨骨折」に悩まされた名打者とは?原辰徳、カブレラ…

タグ: , 2019/3/6

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が4日、右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折と診断された。試合復帰までは約3カ月かかる見通し。開幕はもちろん、リハビリが長引けば前半戦の出場も難しくなる。

 3日のDeNA戦でファウルを打った際に、右手首を再び痛めた。昨秋のキャンプから違和感を訴え、状態は一進一退だった部位。オフはスイングをできるだけ自粛し、スロー調整からキャンプで状態を上げ、2日のDeNA戦では特大ホームランも放っていた。9、10日の侍ジャパン強化試合・メキシコ戦に初選出されていたが、辞退となった。

・合わせて読みたい→
球界最高のモチベーター 松田宣浩(https://cocokara-next.com/feature_archive/nobuhiromatsuda-feature/)

歴代スラッガーの宿命?


 有鉤骨は小指の付け根にある骨。バットに接触する部分で、詰まったり、当たり損ねた際に、衝撃を受けて骨折に至ることがある。野球選手には多い怪我で、どんなタイプの打者にも起こり得るが、特に目立つのは長打力のある強打者の故障だ。

 過去に有鉤骨骨折を経験した選手を挙げても、長距離砲が並ぶ。

 1986年 巨人・原辰徳
 1988年 近鉄・金村義明
 1996年 近鉄・石井浩郎
 1996年 近鉄・中村紀洋
 2001年 巨人・二岡智宏
 2005年 西武・カブレラ
 2006年 西武・栗山巧
 2007年 ロッテ・今江敏晃
 2008年 日本ハム・中田翔
 2010年 ソフトバンク・松田宣浩
 2013年 ヤクルト・畠山和洋
 2017年 ヤクルト・雄平
 2018年 中日・モヤ

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧