阪神がソフトバンクから中田賢一をトレードで獲得、両チームのファンは好意的な反応

タグ: , , 2019/10/27

 阪神は26日、ソフトバンクから中田賢一投手をトレードで獲得したと発表した。交換相手や移籍金が発生しない無償トレードとみられている。

 中田は今季1軍ではわずか1試合の登板。一方で2軍では21試合に投げて6勝3敗、防御率3・02。勝ち星はチームトップで、防御率と勝率・667はウエスタンリーグトップでタイトルも獲得した。

・合わせて読みたい→
今年も爆笑珍問答の阪神株主総会「阪神のドラフトを回転寿司に例えると…」、過去の株主総会は?(https://cocokara-next.com/motivation/hanshin-general-meeting-of-shareholders/)


 一方で来年5月には38歳となる。年齢的に考えても大幅な上積みは難しく、若手の台頭が著しいソフトバンク1軍の戦力としては構想外と言えた。ただ2軍での数字を見れば分かる通り、身体はまだ動いている。13年オフに中日からFA宣言して移籍してきた功労者へ敬意も表した形として、戦力外通告ではなく、無償トレードという形式をとったとみられる。

 先発陣が手薄な阪神サイドにしてみれば、渡りに船だった。13年オフのFA宣言時にも獲得に動いていたかつての恋人。ソフトバンクは選手保有枠を一つ空けられるメリットがあり、戦力外として自由契約となると同一リーグであるパ・リーグ球団に獲得されるリスクもある。両者の思惑が一致し移籍が実現した。

 ソフトバンク、阪神両軍ファンの反応を見ても、好意的に受け取られているように映る。それとは対照的に、世間を激震させたのが、ソフトバンクの前身であるダイエーが2003年オフに仕掛けた小久保裕紀内野手の無償トレード放出事件だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧