ワケありトレード2連発!巨人長野「密約」説、西武の「不祥事」交換の背景は

タグ: , , , , , , , , 2022/11/3

(C)Getty Images

 何やら、きな臭いトレードが2件も同日に発表されたのは偶然か。

 11月2日、巨人広島長野久義外野手(37)を無償トレードで獲得したと発表。また、日本ハム・佐藤龍世内野手(25)と西武・山田遥楓内野手(26)の交換トレードも両球団から発表された。

【関連記事】西武、日ハム 電撃トレードの「舞台裏」 ささやかれる「源田問題」余波とは






 長野は5年ぶりの「出戻り」。19年、巨人にFA移籍した丸佳浩の人的補償として、広島に放出された形だった。長く巨人の中心選手だった長野も、広島移籍後は年間100試合出場したシーズンはなく、近年は代打などでの出場が増えていた。今季は58試合出場で打率.211、3本塁打、15打点だった。

 広島の鈴木清明球団本部長は、今回の経緯について「彼の野球人生を考えてのこと。2度もドラフトを拒否して、巨人を貫いた選手。いつかユニホームを脱ぐとしたら、やっぱり巨人で、とずっと思っていた。体も技術も、今ならまだ来年も働けるだろうと」。夏ごろからトレードを打診し、成立しなければ、来季も契約を結ぶ方針だったと明かした。

 言葉を額面通りに受け取れば、引退や指導者の道など将来を考えた広島の「親心」。だが、広島の外野陣は、メジャーから日本復帰した秋山翔吾の加入で競争が激しく、長野の居場所がなくなっていた可能性は高い。古巣復帰に巨人ファンは歓喜しているが、戦力的に多くを望むのは難しいだろう。

 また巨人では長野がつけていた背番号7が空き番だったことで、一部ファンからは「最初から決まっていた話では?」という『密約説』も浮上。長野と同じような境遇で、巨人の功労者ながら人的補償で西武に移籍した内海哲也の背番号26は、すでに他の選手がつけている。「7番は巨人が長野のために空けて待っていた」と勘ぐられても仕方ないだろう。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧