怪物を育てたモノマネ…大谷は今江、松坂、藤浪!佐々木朗希はマー君、ダル、大谷!

タグ: , , 2022/6/3

 「モノマネは上達の近道」といわれる。成功者のまねをしようとする過程には、たくさんのヒントがあり、成長につながる。岩手が生んだ怪物、エンゼルス大谷翔平(27)、ロッテ佐々木朗希(20)はともに、少年時代に複数の選手をまねて育った。

【関連記事】原巨人 正捕手争いに「異変」あり 大城抹消で注目集める「あの起用」とは

 4月にプロ野球16人目の完全試合を達成した佐々木は、「遊びの延長」によるモノマネごっこが原点だった。東北が本拠地の楽天ファンで、初優勝、日本一になった2013年は、まだ小学5年生。開幕24連勝の新記録を作った楽天エース田中将大の投球フォームを研究した。身長が伸びると、同じような体形のダルビッシュ有、大谷らをまねた。「まねするのがうまくなる近道と思ってました」。遊び心から、一流投手の体の使い方を学び、足を高く上げる独特のフォームにたどりついた。

 佐々木にまねをされていた大谷は、かつて投打でいろいろなタイプの選手を試した。「今江(敏晃)さんのタイミングの取り方にハマっていました。松坂(大輔)さんのワインドアップもやってましたね」。今江が所属するロッテが日本一になった2005年、大谷少年は小学5年生。翌年の第1回WBCでは松坂、今江らの活躍で日本が世界一になった。鏡の前でスター選手たちの姿をまね「ああでもない、こうでもないとフォームを考えていました」。モノマネに熱中し、試行錯誤した時代を経て、二刀流で世界を席巻する今がある。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧