【RIZIN】「負けたら地獄ロード」と語った一戦から7ヶ月 浅倉カンナの「第3章」が幕を開ける

タグ: , , , 2021/10/22

 10月24日に、ぴあアリーナMMで開催される「RIZIN.31」。この大会、女子スペシャルワンマッチMMAルール(-49kg)にて、浅倉カンナ(パラエストラ松戸)は、大島沙緒里(AACC)との対戦が決定している。

 高校生でデビューした浅倉は、先日デビュー7年目を迎えた。この7年間、2度のタイトルマッチ挑戦や、「RIZIN」女子スーパーアトム級トーナメント優勝をはじめ、様々な経験を重ねてきた。

 デビューから2018年のタイトルマッチまでを第1章、そこから2度目のタイトルマッチ(いずれも対浜崎朱加)までを第2章とすると、今大会は「浅倉カンナ第3章」の幕開けともいえるだろう。

●10/28(木) 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える!

・今すぐ読みたい→
【RIZIN】浅倉カンナが再起戦へ意気込み「悔しさを爆発させる」24歳初戦へは「自分ももう大人なので・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kannaasakura-resurge/



 
 3月に出場した前回大会では、浜崎と女子スーパーアトム級のベルトをかけ2度目の対戦。あと一歩のところまで及んだものの、接戦の末1-2で判定負けを喫した。

 その大会に際して行われた記者会見。会見後に口にした浅倉の「ある言葉」がずっと印象に残っている。

「これで負けたらまた地獄ロードだ」

 この言葉の真意はいまだ分からない。だが、立ちはだかる女子スーパーアトム級女王の前に、またしてもその座を奪うことができなかった。

 そこからおよそ7ヶ月。戦前は「地獄ロード」と語っていたこの期間だが、実際自身にとって、どのようなものだったのだろうか。

「確かに、大会前はそのようなことを言っていましたね。前回のタイトルマッチは、全てぶつけて負けた。なので、大会後は本当に気持ちが落ちていました。『また負けたんだ。またベルトが獲れなかったんだ』と。でも、今は全然ポジティブですね。またここから上がっていけば良い。また這い上がれるチャンスをいただいている。なので、今はすごく試合が楽しみですね」

 惜しくも敗れたものの、浅倉は2年半前の対戦から圧倒的な成長をみせた。その戦いぶりに、周囲からは「次こそは勝てる」との声が多く上がった。





 だが当の本人は、決してその言葉に甘んじることはなかった。

「前回の試合を終えて、『次は行けるよ』っていう声をいただくことがすごく多かったんです。でも、自分的には全然そんなことなくて。たまたま作戦がハマってああいう試合ができた、けど勝てなかった。やっぱりまだ浜崎さんの方が強いんだなと思いました。そこはしっかりと油断せず、何を対策するかというよりは、また駆け上がってベルトに近づけるために、ここまでまた練習をしてきました。ずっと悔しいままでしたし、ベルトが獲れなくて焦っていた気持ちもあった。なので、いつ試合があるかなってずっとソワソワいましたね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧