元PRIDEファイター、『ジョシカク』不要論を一蹴!浜崎vs浅倉戦で見えた女子格闘技の意地

タグ: , , , , 2021/3/23

 3月21日に開催された「RIZIN.27」。メインマッチは女子スーパーアトム級のタイトルマッチが行われ、王者・浜崎朱加が、挑戦者・浅倉カンナを判定2-1で下し、王座防衛を果たした。





・今すぐ読みたい→
【RIZIN】堀口と天心が再びリング上で共演!堀口「勝てばいいが負ければ終わり」天心「あの日は堀口恭司に全てやられた」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-tenshinnasukawa-play-together/



試合を観戦した元総合格闘家の大山峻護さんは、壮絶な打ち合いとなったこの一戦を高く評価。

「タイトルマッチにふさわしい緊張感があって、最後までどちらが勝つかわからない素晴らしい試合でした。浜崎選手は世界で戦ってきたというプライドがあるし、浅倉選手はこれからの『ジョシカク(女子格闘技)』を担っていく存在としてのプライド、お互い負けられないという覚悟が伝わってきました」

防衛を果たした浜崎選手について大山さんは、

「試合前の表情に全くノイズがなかったのが印象的でした。迷いがない、研ぎ澄まされたメンタルの状況を作ってきているんだなって、目を見たときにゾクッとしましたね。この試合、浜崎選手にとっては戦いにくい状況だったと思います。相手は自分よりはるか年下で、以前の対戦では浜崎選手が勝っているというのも、相手の方にアドバンテージがあったりしますからね。勝って当然と思われますし、一方の相手は何が何でもくってやる!という気持ちが強いですからね。しかも、『ジョシカク』の未来についてとやかく言う声も聞こえてきたかと思いますが、そういうノイズを乗り越え昇華して、研ぎ澄まされた状態でいたように感じました。世界で結果を出してきた選手のメンタルの強さを実感しましたね。38歳、まだまだ進化しているってすごいですよね。盤石の強さを持っていると思います。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧