【RIZIN】王者への可能性を感じ、浅倉カンナ物語「第1章」が閉幕・・・「第2章」のスタートへ

タグ: , , , 2021/3/23

 格闘技イベント「RIZIN.27」が21日、日本ガイシホールで行われた。

今大会メインイベントとなったのが、現王者の浜崎朱加VS浅倉カンナの女子スーパーアトム級タイトルマッチだ。

・今すぐ読みたい→
元PRIDEファイター、『ジョシカク』不要論を一蹴!浜崎vs浅倉戦で見えた女子格闘技の意地 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shungooyama-rizin27-summary-01/


これまで本誌では、度々浅倉に独占インタビューを実施してきた。昨年春に取材した際には「今年の目標はベルト争い」と口にしていたが、新型コロナウイルスの影響もあり、実現は困難な状況に。昨年大晦日の「RIZIN.26」で女子スーパーアトム級タイトルマッチが行われたが、そこに挑んだのは浅倉ではなく浜崎と山本美憂だった。大晦日の対戦カード発表会見時、その会見で初めてタイトルマッチのカードを知ったという浅倉が、会見後に「自分がそこに呼ばれなくて悔しい」と口にしていたのを覚えている。

タイトルマッチは実現しなかったものの、この1年で浅倉は特にフィジカルと打撃を強化。昨年8月の対古瀬美月戦では、その打撃強化の成果が現れ、グラウンドパンチによる1RTKO勝ち。同年大晦日の対あい戦では3Rを戦い判定勝ちをおさめるなど、着実にレベルアップをしてきた。

そしてフィジカル面においても、驚いたことがある。試合2日前、19日に行われたメディアデーの際、撮影場所に現れた浅倉の身体は、大晦日の試合時よりも確実に一回り大きくなっていた。

前回の試合からおよそ3ヶ月の間に、さらに強化をしたのだろう。

戦前のインタビューでも「浜崎さんや(山本)美憂さんに負けてからフィジカルを強化してきました」と語っていた。

そんな中、およそ2年ぶりに手にしたタイトルマッチへの切符。相手は前回のタイトル挑戦時に敗れた浜崎だ。浅倉にとっては、タイトルマッチであると同時にリベンジマッチでもあった。





対戦カード発表記者会見の際には浜崎から「大晦日の試合を見る限り、2年前の対戦時と変わっていない。差は縮まっていない」と、『煽られていた』浅倉。自身も会見後にSNSを見たものの、直ぐに見るのをやめ、その後も試合まで見ていないと口にしていたほど、圧倒的に浜崎優勢の声が多く上がっていた。

だが、どんなに周りがそう言おうとも、自分だけは自らの勝利を信じて疑わなかった。それだけ、ベルト奪還に向け強い思いを抱き、計り知れない努力を積み重ねてきた。試合前会見でも「2年経って強くならない人って絶対いない。2年やって伸びない選手は中途半端にやってきた選手。自分はそういう選手ではないので自信を持って戦いたい」と、口にしていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧