WEC勇退の中嶋一貴が優勝し有終の美「ファイナルラップでは、感情を抑えきれず・・・」

タグ: , , , 2021/11/8

 トヨタ自動車のルマンプロジェクトをけん引してきた中嶋一貴(36)が今季限りで仏ルマン24時間レースを主軸とする世界耐久選手権(WEC)のレギュラードライバーの任務を終え、勇退することが発表された。6日にバーレーンで行われたシリーズ最終戦ではトヨタの一員として優勝を果たし、有終を飾った。

WEC最終戦のバーレーン8時間で優勝し、同僚に担がれる中嶋一貴(トヨタ自動車提供)

・今すぐ読みたい→
トヨタの豊田章男社長がレース中止に不公平感「五輪で許されても、4輪、2輪はなぜ?」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/race-canceled-unfair/



 「このような最高の結果でWECのキャリアを終えることができ、本当にうれしいですし、最高のチームメートに恵まれた私は幸運でした。ファイナルラップでは、感情を抑えきれず、ドライビングに集中するのが大変でした」。2012年にプロジェクトから立ち上がってから10年間も車両開発に携わり、ルマンでは2018~20年に自身3連覇を果たし、ハイパーカーに車両が変更された今年も小林可夢偉が駆るチームメートのマシンを優勝に導いた。

 所属するトヨタガズーレーシングのチームオーナーを務める豊田章男トヨタ自動車社長からも「一貴は2012年からこの挑戦に力を貸してくれていました。10年間、戦ってくれたレースの距離はおよそ3万キロ。シーズン前の30時間走行テストなども考えれば、もっと長い距離かもしれません。耐久レースという本当に過酷な道の上でトヨタのハイブリッドを鍛え続けてくれたこと感謝しています。3万キロの戦いをありがとう」とねぎらいの言葉を贈られた。

 一貴は日本人初の親子2代F1ドライバーだ。父の悟さんは1987年に日本人で初めてF1にフル参戦を果たしたレジェンド。一方の一貴も2007年最終戦にウィリアムズ・トヨタからF1デビューし、08、09年とフル参戦した。

 悟さんはホンダ系チームでF1参戦し、経営するレーシングチームでもホンダのマシンを走らせている。一方の一貴は一貫してトヨタ系。父の関係でいけば、ホンダのドライバーになってもいいはずだったが、息子はトヨタを選んだ。

 悟さんは当時、ホンダ系の鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)で初代校長を務めていた。だから親の七光りでレースの世界に進みたくないという意地もあったのだろうが、レーシングカートでトヨタに近いヤマハのワークスチームに所属していた影響もあったと思う。





 さらに言えば、トヨタが本格的に若手ドライバーの育成に着手し始めたことも大きかった。2000年に「フォーミュラ・トヨタ・レーシングスクール(FTRS)」を立ち上げたばかり。その前年にエンジン、車体も自作するワークスチームでのF1参戦を表明していた。トヨタが日本人選手を育て、F1に送り込む。そんな機運が盛り上がっており、受講の応募が殺到した。

 そのモデルケースとなったのが3期生の一貴と2期生の可夢偉だった。ちなみに一貴は前年のFTRSでスカラシップを逃し、いわば「留年」で再受講。サラブレッドではあるが、挫折も味わっている。結果的にスカラシップを獲得した翌年の2003年に育成シリーズのF・トヨタに参戦。可夢偉らを相手にチャンピオンを獲得した。その後は欧州武者修行なども経験し、F1シートをつかんだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧