「いける、という確信を持っていた」ラグビー・畠山が語る、南アフリカ戦の舞台裏

タグ: , , 2021/1/17

 元フジテレビアナウンサーで、現在はスポーツアンカーの田中大貴と林歳彦がパーソナリティーを務めるラジオ関西の番組「としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!」(提供:株式会社ユーポス、株式会社ジャパンクリエイトグループ、もとの樹)。

まもなくラグビートップリーグはシーズン突入を迎えるが、それを前にゲストにラグビー元日本代表で、現在はアメリカ・メジャーリーグラグビーにて活躍する畠山健介さんが出演。

自身の選手生活やラグビーへの思いなど、ラグビーへの興味が引き立てられる内容が放送された。

・今すぐ読みたい→
「日本のラグビーは、魅せ方が下手」ラグビー・畠山が語る、ラグビーの真の魅力! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kensukehatayama-talks-about-rugby-japan/

ラグビーはタックルだけじゃない!


ラグビー選手といえば、強靭な肉体を誇るイメージだが、なぜそんなに体が強いのか?と尋ねられた畠山さんは、

「僕、実を言うとそんなに体強くないです。大学くらいまでは結構大柄な方だったので、ぶちかましたりとかして前に行けていましたけど、社会人とか日本代表となって海外の選手と戦うとなると、自分より強くて大きい選手がいっぱいいるので正面衝突して倒されることもありました」

と、自身の経験を明かし、

「ラグビーは人が目の前に居ても、人と人の合間に行ったらタックルしにくいとか、そういうのを考えながらプレーしてました。ボールを運ぶのに、わざわざぶち当たる必要はないんです」

と、ラグビーはテクニックで戦えることも打ち明けた。

ラグビーのプレー面での印象と言えばタックルが思い浮かぶが、

「ニュースで取り上げられるときは、そういうシーンを抜いてもらえるのでそこに目が行きがちだし、そういった迫力のあるシーンのほうが分かりやすいじゃないですか。だから難しいですよね」

と、ラグビーの真の戦い方が伝わりにくい背景を語った。





「頭が良くないと難しい競技ですよね」という声が上がると、

「一定のポジションだけですよ。僕らなんか馬車馬みたいなもんですから(笑)」

と、畠山さんが笑いを誘う一面があった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧