日本ラグビーはプロ化するのか?リーグに求められる「価値」とは

タグ: , , 2021/1/14

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、開幕延期が発表されたラグビートップリーグ。

昨シーズンは、W杯直後で大いなる盛り上がりが期待された中、新型コロナウイルスの影響によりシーズン途中で中止に。

今シーズンも複数チームでコロナウイルス感染者が発覚し、開幕が延期になるなど、先行きが不安な状況が続いている。

そんなラグビー界を明るく盛り上げるべく、元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーの田中大貴さんが様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTubeチャンネル「田中大貴のアスリートチャンネル」では、ゲストにラグビー元日本代表で現在はアメリカ・メジャーリーグラグビーにて活躍する畠山健介さん、トップリーグ・NECグリーンロケッツに所属する川村慎さんを迎え、日本ラグビー のプロ化やセカンドキャリア、さらには日本ラグビーが抱える様々な問題について、徹底解説した。

・今すぐ読みたい→
「日本のラグビーは、魅せ方が下手」ラグビー・畠山が語る、ラグビーの真の魅力! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kensukehatayama-talks-about-rugby-japan/

ラグビープロ化への道


畠山さんと川村さんはトップリーグ選手会の新旧選手会長。畠山さんは、3期間選手会長を務めたのち、後任に川村さんを指名。その理由についてこう語った。

「誰が適任かという話になった時に、選手会の事務局の中でも代表クラスなど影響力のある人がいいのではという話も出ました。でも僕は、これからラグビー界をプロ化するにあたって、選手がどうなっていくのかということを協会とコミュニケーション取れる人が適任なのではと思いました。そうなった際に、選手会の立ち上げから携わり、経緯を把握しつつ協会ともコミュニケーションが取れるのは川村しかいないと思い、指名しました。」

そんな中、日本ラグビー は今シーズンを最後に、新リーグへの移行が予定されている。

その目的について、現選手会長の川村さんは、このように述べている。

「選手ではなく、まずはスタッフや経営陣など支える側が、今後事業化していくにあたり、プロになりましょう。そこから組織が事業化できるようになった上で、ゆっくり移行していき、最終的にはプロになった方がいいんじゃないかという考えです。」

これに対し畠山さんは

「アハ体験ですよね。気づいたら変わっていたみたいな。僕はそのアハ体験を待っていられない人間ですが・・・。
まあでも、そもそもプロ化って何っていう話なんですよ。選手が思っていることと、現場のスタッフ、ファンの方など、人によってその定義が少しずつずれているんですよね。そこをどういう風に見て、どう発表していくかが重要になってくると思います。そういった意味でいうと、まだまだ露出が少ないですよね。」

と、ユニークな例えを交え新リーグへの移行さらにはプロ化にについて言及した。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧