「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」畑岡奈紗、横峯さくら、山口すず夏らに大会直前インタビュー

タグ: , , , , , , 2019/6/20

 今シーズンのメジャー大会第3戦。1955年に始まった大会で、1977年には、樋口久子が日本人としてメジャー大会初制覇を果たした。今回の会場はミネソタ州チャスカにある1962年開場のヘイゼルティン・ナショナルGC。距離が長い上に、フェアウェイが狭くラフが深い難コースであるため、スコアメイクには特に慎重さが要求される。

昨年、畑岡奈紗がプレーオフまで進出し、樋口久子以来の日本人メジャー覇者にあと一歩と迫った本大会。日本勢の悲願、樋口久子以来42年ぶりのメジャー制覇を目指し、世界の強豪たちと熱い4日間の戦いが始まる。

注目の大一番を直前に控える日本勢に、インタビューを行った。

■畑岡奈紗

写真/GettyImages


Q:先週の日曜日は18番イーグル、2位タイフィニッシュでしたが、その勢いを持続していますか?
「先週も調子が良かったわけではないですが、大きなミスなくできたので、あのスコアに繋がったのだと思います。」

Q:先週が終わってから、このコースに直ぐに入りましたか?
「はい。日曜日に入って、月曜から練習をしました。」

Q:このコースはどんな状態ですか?
「すごくきれいで、グリーンも早いし、ラフもすごく長い印象です。」

Q:メジャーらしいセッティングと考えてよろしいですか?
「そうですね。」

Q:このコースで一番注意するのはラフですか?
「フェアウェイも傾斜があるので、ティーショットも考えて打たないと、フェアウェイに落ちてもラフに入ってしまうので、気を付けていきたいと思います。」

Q:フェアウェイは広いですが、やはり傾斜が厄介ですか?
「そう思います。」

Q:硬さはどうですか?
「グリーンが見た目よりも固くて、8番アイアンでもキャリーから10ヤードぐらい転がるので、手前目から攻めていくようにしたいです。」

Q:水曜日までで既にそれほど固いのですね?
「そうですね。」

Q:畑岡選手にとっては戦いやすいコースセッティングですか?
「思ったより距離は感じないので、どんどん攻めていきたいです。」

Q:注意するホールは?
「上がり3ホールは特に難しい印象です。16番は両サイド池ですし、17番も短いパー3では無いので、気を付けていきたいです。」

Q:今週の目標は?
「今週も精いっぱいやって、良い結果を出せるように頑張りたいです。」

Q:手ごたえを感じているのではないですか?
「そうですね。あまり意識せずにいつも通りやっていきたいです。」

・合わせて読みたい→
高橋由伸×畑岡奈紗 「競技を戦うココロとカラダ」を対談(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobutakahashi-nasahataoka-conversation-01/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧