世界初!堀口恭司が総合格闘技2冠の快挙を聖地・MSGで達成!「那須川君、やろうよ」に続いて…

タグ: , , 2019/6/15

 世界の総合格闘技の歴史、今後の業界の流れや慣習を変えるかもしれない史上初の快挙を堀口恭司が成し遂げた。

 6月14日(日本時間、15日)、ニューヨーク(NY)のマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で米・ベラトール・バンタム級タイトルマッチ(Bellator222)で同王者のダリオン・コールドウェルに挑んだRIZIN・バンタム級王者の堀口恭司は3-0の判定勝ちした。

世界の総合格闘技に「一石を投じる」勝利


 世界の総合格闘技で、2団体のベルトを同時に獲得したのは世界初。

 2018年大晦日のRIZIN.15で堀口がコールドウェルに劇的勝利を決め、そのリターンマッチとしてベラトール・バンタム級王者を掛けた一戦。

 立ち上がりの1Rこそ堀口は攻め込まれたが、コールドウェルは攻めきれず、ラウンドを追うごとに動きが鈍くなっていった。その隙を見逃さず、堀口が所属する米・フロリダの「アメリカン・トップ・チーム(ATT)」のマイク・ブラウンコーチは、セコンドから的確な指示を連発した。

 前回のRIZIN.15で堀口のフロントチョーク「ギロチン」でギブアップしたトラウマがあるコールドウェルが組み付いて離れない様子を見ると、リングサイドから「何でも良いからパンチを打ち続けて、(ジャッジの)得点を稼げ!」と指示。現役時代、UFC等の各団体で活躍し、現在はATTで各選手を指導するブラウン氏の指示に堀口もうなずきながら、金網を背に組合ながら相手に有利な状況を作らせず打撃を続けた。

 堀口自身、UFC時代以来のケージ(金網)での試合だっが「リングでロープより、金網の方が自分は得意」と語ってきたが、それが活かされた試合だった。この日の試合前のリングチェックでも「RIZINのリングよりかなり広いし、(素早く動き回る)自分にとっては有利」と語っていた。

・合わせて読みたい→
『生きる格闘文化財』 総合格闘技 堀口恭司 特集 連載スタート!(https://cocokara-next.com/feature_archive/kyojihoriguchi-feature/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧