日米両方でプレーしたレジェンド・助っ人外国人たち「日本だけで2000本」「日本では2本だけ、大リーグで2000本」

タグ: , , , 2020/9/11

 オリックスのアダム・ジョーンズ外野手が11日の西武戦で日米通算2000安打に到達した。節目へあと2安打で迎えたこの日、4回に遊撃内野安打し、続く5回に左中間へ適時二塁打を放った。

・今すぐ読みたい→
平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yakult-swallows-2014-draft-players/



 米大リーグ通算1939安打、282本塁打という実績をひっさげ、大物メジャーリーガーとして来日した。この日までで、67試合に出場し、61安打、打率・258、10本塁打、35打点。期待通り、という数字には届かないものの、最下位に低迷するチームで主軸に座り続けている。

 助っ人選手の日米通算2000安打は、先代の「AJ」こと、楽天のアンドリュー・ジョーンズ以来。過去には太平洋クラブのマティ・アルー、巨人のロイ・ホワイト、ウォーレン・クロマティ、ヤクルト・阪神のラリー・パリッシュ、ロッテのフリオ・フランコらそうそうたるメンバーが並ぶ。

 これらのメンバーがメジャーで通算1000安打以上の数字を残してから来日したのに対し、一人異色の経歴とも言えるのが現DeNA監督のアレックス・ラミレス。通算86安打と、メジャーでの実績はほとんどないまま来日。日本で2017安打を積み上げ、日米通算どころか日本だけで2000安打を超えた。堂々の名球会入りである。

 そんなラミレスの真逆をいく、異端ともいえる経歴を残した選手がいる。元広島で、ヤンキースなどで活躍したアルフォンソ・ソリアーノだ。





 ソリアーノはドミニカ共和国のカープアカデミーで才能を認められ、1996年に広島でプロ野球生活をスタートさせた。ただし2シーズンで1軍9試合の出場にとどまり、わずか2安打。1998年には契約更新でもめ、年俸調停も経たが、任意引退選手として退団するに至った。

 結果的にヤンキースが譲渡金を支払うこととなり、米移籍。翌1999年にメジャーデビューを飾ると、瞬く間にスター選手への階段を駆け上がっていった。2001年には正二塁手の座をつかみ、2002年は209安打、打率・300、39本塁打、102打点、41盗塁。最多安打と盗塁王のタイトルを獲得した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧