ルイス・ハミルトンがF1史上初の通算100勝を達成!この実績が「史上最高」に値するものなのか議論されている点とは

タグ: , , 2021/9/28

 メルセデスのルイス・ハミルトン(36)=英国=が26日のF1第15戦ロシアGPで雨を味方につけた見事な逆転優勝を飾り、史上初の通算100勝を達成した。つまり自身が持つF1最多勝記録を塗り替えたということにもなる。

 勝利数の史上2位は7度のタイトルを誇るミハエル・シューマッハー(ドイツ)の91勝。次いでセバスチャン・ベッテル(同)の53勝、アラン・プロスト(フランス)の51勝、アイルトン・セナ(ブラジル)の41勝と続く。

通算100勝目をマークしたメルセデスのルイス・ハミルトン(ダイムラー提供)

・今すぐ読みたい→
実は意外に多い!? 五輪・パラリンピックに出場した「元F1ドライバー」たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/former-f1-driver-participated-in-the-olympics/



 歴史の長いスポーツでは「GOAT」と呼ばれる表現がある。「The Greatest Of All Time」の略で「史上最高」を意味する。例えば、米NFLの名クオーターバッグだったペイトン・マニングやトム・ブレイディはこのように形容されることが多く、最近では大リーグで投打の二刀流を武器とするエンゼルスの大谷翔平を「GOAT」と「OHTANI」を組み合わせて「GOATANI」と称賛する米メディアもあった。

 さて、ハミルトンである。通算100勝の大台に乗せ、今季は歴代単独トップとなる8度目のタイトルがかかっているが、これまでの実績が「史上最高」の称号に値するものなのか、世界中のメディアから議論されている。

 特に指摘されていたのはライバル不在だった点だ。F1では2014年からエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドエンジンが採用され、ハミルトンが所属するメルセデスが製造者部門で目下、7連覇中。今季に入ってようやくレッドブル・ホンダが肩を並べるようになったが、それまではメルセデスが高性能なパワーユニットを武器に長らく1強状態を続けていた。





 しかもF1の年間開催数は2016年に初めて20戦の大台に乗るなど増加の一途をたどっており、今季は史上最多の計22戦を予定している。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧