ハミルトンがシューマッハにあと「1」と迫る6度目V、苦労した若手時代、「ビーガン」を公表した独特のライフスタイルとは?

タグ: , , , 2019/11/6

 11月3日にF1アメリカGPが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトン(34)=英国=が2位でゴールして今季のチャンピオンに輝いた。3年連続6度目のタイトル獲得で、史上最多となる7度のF1王者となったミハエル・シューマッハー(ドイツ)の記録にあと「1」に迫った。

アメリカGPでチャンピオンを決めたハミルトン。ユニオンジャックを広げて喜ぶ(ダイムラー提供)

苦労を重ねた若きハミルトン少年


 父親は中南米のグレナダにルーツを持つアフリカ系英国人で母親は白人系の英国人。モータースポーツは欧州の白人貴族の車遊びが発展して形成されたとされ、上流意識が非常に高い。ハミルトンの家庭は裕福ではなく、ここまでのし上がるまでかなり苦労したようだ。

 今でも語り草となっていることがある。ハミルトンは幼少期にゴーカートで天賦の才能を発揮し、10歳で英国の国内チャンピオンを獲得。その年にモータースポーツ専門誌が主催した表彰式に招かれ、マクラーレンの代表だったロン・デニス氏と対面する機会を得ると「いつかあなたのチームでレースをしたい」とすかさずアピールしたという。

 ところがデニス氏はハミルトンが所持していたサイン帳に「9年後にまた連絡して」と書いただけ。事実上の門前払いをされてしまったのだ。それでも、その3年後にはマクラーレン側が実力と将来性を見抜き、育成ドライバーとして異例の長期契約を結んだ。

・合わせて読みたい→
大谷翔平、八村塁の他にもいる米スポーツで活躍中の日本人とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nascar-hattorishigeaki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧