【F1】コロナ禍に揺れた今シーズン、歴代単独最多勝利をマークしたハミルトンが4年連続7度目のチャンピオンに 不振を極めた名門チームは?

タグ: , 2020/12/19

 13日に行われたF1最終戦アブダビGPはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)がポールトゥフィニッシュで圧勝。今季2勝目を挙げて2020年シーズンを締めくくった。タイトル争いではメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が4年連続7度目のチャンピオンとなり、フェルスタッペンはメルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)に次ぐランキング3位が確定した。

・今すぐ読みたい→
ルイス・ハミルトンがF1歴代単独最多の通算92勝目をマーク 未だシューマッハーが優位に立つとされるポイントとは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/lewis-hamilton-the-new-record-of-the-most-wins-ever/

アブダビGPのフェラーリ(フェラーリ提供)


 一方のコンストラクターズ(製造者)部門ではメルセデスが7連覇を飾り、レッドブル・ホンダがランク2位と躍進したが、名門フェラーリが不振を極めた。昨季はランク2位だったが、今季はマクラーレン、レーシングポイント、ルノーに次いでまさかのランク6位に沈んだ。フェラーリがランク6位以下となるのはシーズン10位と惨敗した1980年以来、40年ぶり。

 不振はパワーユニットのパフォーマンス不足が挙げられる。昨季のシーズン終盤に燃料流量に関するレギュレーション違反疑惑が浮上。国際自動車連盟から技術指令書が出され、規則が明確化された。そこからフェラーリは成績を残せなくなったのは間違いない。今季は3位表彰台が最高位で、しかも、たったの2回。2016年以来となるシーズン未勝利に終わった。

 今季はフェラーリにとって追い風が吹いていた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、本来組まれていた開催カレンダーが大幅に変更され、開催地が欧州と中東の2地域に限定された。その結果、イタリアでは史上初となる3サーキットでの開催が実現。モンツァのイタリアGPのほか、チームのお膝元のムジェロでトスカーナGPの名称でF1が初開催され、チームの参戦1000戦目も祝われた。





 エミリアロマーニャGPとしてイモラサーキットでも復活開催されたが、サーキットの名称は「アウトドローモ・インテルナツィオナーレ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ」。フェラーリの創業者一族の名前が入っている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧