大塚製薬陸上部からトライアスロンへ転向、異色の選手が引退発表

タグ: , , 2018/12/22

 トライアスロンの名門「トーシンパートナーズ・チームケンズ」の2018年報告会が12月19日に都内で行われた。

佐藤優香、久保埜南、瀬賀楓佳等、女子のトップ選手が多数所属し、過去にもオリンピックに選手を輩出して来たチームだが、その報告会である異色の経歴を持つトライアスリートの引退が発表された。


・合わせて読みたい→
高木姉妹の偉業に刺激 東京五輪でメダルを目指す美女アスリート(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/go-for-the-tokyo-olympic-medal/)

 岩川真知子、陸上とトライアスロン、合わせて21年間の競技生活に終止符を打つ事をこの日、同チームの報告会の檀上で発表した。

 仙台育英、立命館大学、大塚製薬と陸上の強豪チームで活躍してきた陸上選手だった。2016年4月に大塚製薬陸上部を退部、会社も退社し、トライアスロンに競技転向するために、名将・飯島健二郎監督のもとに飛び込んできた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧