トレンディエースが語る後半戦に向けた日ハムに「必要なピース」とは?

タグ: , 2019/7/14

 日本ハムファイターズのエースとして、3年連続15勝、5年連続2桁勝利と大活躍。野球の実績だけでなく、ルックスの良さでも注目され、トレンディエースと呼ばれるなど、女性からの人気も高かった西崎幸広さん。

 現在は、野球解説者としてさまざまなチームを見ている西崎さんに、2019年シーズンの「北海道日本ハムファイターズ」についてお話を伺いました。

ベテランと若手がうまくかみ合っている。何としてもCSへ


-現在までの戦い方はいかがですか?

西崎:勝率5割。この状態は、なんとしてもキープしないといけない。3位までに入れば、CSに出ることができ、CSに出れば、まだ何とかなりますから。ここ数年のパ・リーグは、ソフトバンク、日ハム、西武で上位を争いながら、調子の悪い日ハム、西武のどちらかが、下位に落ちるというのが、ひとつの展開になっていますね。

―「育成のハム」と言われています。チームづくり、若手の育成はうまくいっているのでしょうか?

西崎:いろいろな育成法もありますが、他球団から移籍してきた選手が、うまくはまっている印象はありますね。例えば2017年、先発の補強をしたかった巨人と若手の打者が欲しかった日ハムで、2:2のトレードがありました。巨人から移籍してきた外野手の大田泰示は、なかなか巨人では活躍できてなかったけど、日ハムに来てから化けた。若い選手も出てきているし、ベテランと若手がうまくかみ合っていると思いますね。

・合わせて読みたい→
トレンディエースが語る吉田輝星、ハンカチ王子の現在地「球種を…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukihironishizaki-talks-about-pitcher/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧