大船渡・佐々木、出場機会の無いまま県大会決勝で敗退、7年前の大谷は?

タグ: , , 2019/7/26

 最速163kmを誇る大船渡高・佐々木朗希投手の最後の夏は終わった。7月25日の岩手県大会決勝・花巻東戦。疲労を考慮され1度もマウンドに立つことなく、出場機会のないまま2-12で敗れ去った。

 「試合に出たい、投げたい、というのはありました」。涙を流しながら佐々木はそう心情を口にした。前日24日の準決勝、129球を投げて完封していた。21日の4回戦では延長12回を194球で投げ抜き、21奪三振、公式戦高校最速タイの160kmをマークしていた。

過密日程を問題視する声


 国保陽平監督は「故障を防ぐためです。未来があるので」と説明した。勇気ある決断と評価する声がある一方で、批判の声も挙がった。準決勝と決勝が連戦となる過密日程を問題視する向きも強い。

 令和の怪物と呼ばれる佐々木だが、その評価を確かなものとしたのが、4回戦で計測した160kmの直球だった。2012年、花巻東の大谷翔平が残した数字に並んだ。決勝で大船渡を下したのが、その花巻東だったというのも運命的でさえある。

 ではその大谷の高校3年、最後の夏はどのようなものだったのか。現在はメジャーリーグを舞台に大暴れしている大谷でも、最後の夏は佐々木と同じく県大会決勝で敗れ、大粒の涙を流していた。

・合わせて読みたい→
「令和の怪物」大船渡・佐々木朗希投手にオススメのプロ3球団はココ!(https://cocokara-next.com/motivation/recommended-professional-baseball-team-for-sasakirouki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧