沖縄キャンプはできるのか・・・オミクロン株直撃でいきなりの暗雲

タグ: , , 2022/1/9


 オミクロン株の脅威が日本列島を駆け巡り、またもプロ野球を直撃しそうな気配となってきた。8日には全国で、新型コロナウイルスの陽性者が4カ月ぶりに8000人を超えた。中でも深刻なのが、9日からまん延防止等重点措置の適用が決まっている沖縄県。新たに1759人の新規感染が確認され、3日連続で過去最多を更新した。

・今すぐ読みたい→
G小林誠司に「最後通告」指揮官から「岸田を使う」と言わしめた舞台裏とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seijikobayashi-stand-on-the-edge-02/


 沖縄県ではプロ野球9球団(ヤクルト、阪神、巨人、広島、中日、DeNA、ロッテ、楽天、日本ハム)の1軍キャンプが予定されている。昨年のキャンプは感染拡大を受けて、沖縄・宮崎の両県とも無観客で実施された。秋以降、日本国内では第5波が収束し、新規感染者数が小康状態となっていた。世界的にオミクロン株の流行が続く中、水際対策が功を奏していたのか、第6波の予兆はまだ見られていなかった。斎藤惇コミッショナーは昨年12月に「来年は観客数の制限のない運営を何とかやっていきたい」と今春のキャンプ、そして公式戦を100%の観客動員で開催することに意欲を示していた。

 そこに冷や水を浴びせられた格好となってしまった。昨年も年末年始の帰省や忘・新年会が影響し、年始から感染者が急増した。当時、人口10万人あたりの新規感染者が全国で3番目に多くなっていた宮崎県は、河野俊嗣知事が県独自の緊急事態宣言を発令。1月15日には日本野球機構(NPB)に対し「国および県独自の緊急事態宣言中は無観客でのキャンプ実施」を申し入れた。コロナ禍前のキャンプ中は同県内だけで100億円を超す経済効果を生んでおり「残念な思いはある」と苦渋の決断であることを明かしていた。





 4日後の19日には、沖縄県も県独自の緊急事態宣言を出した。玉城デニー知事は「練習試合、練習を無観客とすることなどを要請させていただく」と会見で訴え、宮崎・沖縄両県での無観客キャンプが決定した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧