平成のプロ野球、山本昌、斉藤雅樹を上回る5冠の投手とは?

タグ: , , 2019/5/7

 プロ野球の平成31年間をデータで振り返る第1弾は投手編。

 平成元年から31年4月30日までの記録を集計し、それぞれ10位までのランキングを算出した。50歳までプレーした山本昌が勝利数、先発登板、投球回、被安打の4部門で1位に。それを上回る最多「5冠」がDeNA三浦大輔。敗北数、失点、自責点、被本塁打と『打たれた』データが並ぶなか、奪三振のトップが光る。


 三浦大輔「そんな速いボールもなかったですし、すごい変化球もなかった。コントロールとタイミングを外すことばかり考えていました。長いイニングを投げた結果、三振がついてくる。狙う時もたまにあったけど、狙ってはなかなか取れなかった。(敗北については)記録としていい記録もあれば良くなかった記録もある。記録というか、足跡みたいなもの。いろんな思い出がありますね」

 リリーフではセーブ、登板数、救援登板で岩瀬仁紀が1位に。防御率2.39の前田健太は2位以下を大きく引き離している。リリーフが長かったにもかかわらず、無四球試合が突出している上原浩治の制球力も見逃せない。記録から「平成男」の活躍をじっくりと楽しみたい。

平成の勝利数
1.山本昌(中日)214
2.西口文也(西武)182
3.工藤公康(西武)177
4.三浦大輔(DeNA)172
5.石川雅規(ヤクルト)163
6.斎藤雅樹(巨人)151
7.桑田真澄(巨人)146
8.石井一久(西武)143
9.杉内俊哉(巨人)142
10.星野伸之(阪神)141

平成の敗北数
1.三浦大輔(DeNA)184
2.山本昌(中日)165
3.石川雅規(ヤクルト)158
4.佐々岡真司(広島)153
5.小宮山悟(ロッテ)141
6.桑田真澄(巨人)123
7.涌井秀章(ロッテ)122
8.西口文也(西武)118
9.工藤公康(西武)118
10.前田幸長(巨人)110

平成の防御率
1.前田健太(広島)2.39
2.斎藤雅樹(巨人)2.76
3.杉内俊哉(巨人)2.95
4.金子弌大(日本ハム)2.97
5.岸孝之(楽天)3.00
6.上原浩治(巨人)3.02
7.メッセンジャー(阪神)3.08
8.和田毅(ソフト)3.11
9.槙原寛己(巨人)3.14
10.内海哲也(西武)3.21
【注】1500投球回以上

平成の投球回
1.山本昌(中日)3297回2/3
2.三浦大輔(DeNA)3276回
3.石川雅規(ヤクルト)2694回2/3
4.工藤公康(西武)2597回1/3
5.西口文也(西武)2527回2/3
6.佐々岡真司(広島)2344 1/3
7.桑田真澄(巨人)2294回1/3
8.小宮山悟(ロッテ)2293回
9.涌井秀章(ロッテ)2234回2/3
10.石井一久(西武)2153回1/3

平成の失点
1.三浦大輔(DeNA)1430
2.山本昌(中日)1385
3.石川雅規(ヤクルト)1265
4.西口文也(西武)1134
5.工藤公康(西武)1112
6.小宮山悟(ロッテ)1068
7.佐々岡真司(広島)1027
8.桑田真澄(巨人)1016
9.石井一久(西武)971
10.涌井秀章(ロッテ)951

平成の自責点
1.三浦大輔(DeNA)1309
2.山本昌(中日)1277
3.石川雅規(ヤクルト)1158
4.西口文也(西武)1047
5.工藤公康(西武)1031
6.小宮山悟(ロッテ)945
7.佐々岡真司(広島)933
8.桑田真澄(巨人)929
9.石井一久(西武)869
10.涌井秀章(ロッテ)863

・合わせて読みたい→
「平成の大エース」・斉藤雅樹、時代を築いてきた野球論〜中継ぎから先発転向、11試合連続完投勝利へ〜(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-serialization-02/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧