「レフリーと戦ってしまった」、三河がCS出場かけた戦いで痛い敗北

タグ: , , , 2019/4/7

 初の地区優勝に手が届くところまで来た新潟アルビレックスBBと、Bリーグ開始以来この地区の覇権を握ってきて、現在CS争いをかけた崖っぷちの戦いを続けるシーホース三河の一戦。

 4連勝中の勢いに乗る三河は立ち上がりからオフェンスが爆発。一時は16点のリードを奪ったが、3Q、4Qともに開始5分でチームファウルが5に到達した影響もあり、新潟の外国籍選手のパワーアタックを止めきれず。金丸が3Pシュート6本を含む 32得点、バッツが22得点15リバウンドと獅子奮迅の活躍も実らず、最終スコア 新潟95–84三河で逆転負けを喫した。

■ シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント


 入り方は非常に良くて、いい感じで点数は取れていたんですが、ミスからのブレイクと勝負所でレフェリーと戦ってしまったことが反省点です。先週とかのゲームと吹かれ方が違っていて、それに対してストレスが溜まって、相手と戦うというよりレフェリーと戦ってしまったところがいけなかった。勝ちたいという気持ちはみんな持っているが、戦うのは相手であるので、やはりそこが一番まずかったと思います。

 こういう拮抗した大事なゲームになると、どっちに転ぶか分からない状態のなかで冷静にやったほうが勝つので、そこはしっかり反省して切り替えて明日頑張りたいと思います。

・合わせて読みたい→
三河・岡田侑大がプロ転向からの3ヶ月を振り返る Bリーグ注目の大型ルーキー(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuta-okada-interview/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧