B1リーグ・三河、アウェー4連戦の初戦は100点ゲームで勝利

タグ: , , , 2022/4/28

 4月27日(水)、Bリーグ1部34節が行われ、シーホース三河は滋賀レイクスターズと対戦した。

三河は、1Qからシェーファー、ユトフが得点を量産、前半21点リードで終える。後半は互角の点の取り合いとなるが、細谷、西田が積極的なプレーで牽引し、100点ゲームで勝利。5人が二桁得点、ガードナーが15アシストで勝利に貢献した。





―試合結果―
2022年4月27日(水)
滋賀 ● 87 – 103 〇 三河
(三河通算成績 28勝20敗)

1Q 滋賀 21–32 三河


シェーファー インサイドで優位に立ち12得点4リバウンド

スターティング5は、#4細谷、#9ローレンス Ⅱ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。

滋賀#54オマラのダンクで先制点を許すも、#32シェーファーのゴール下で返上。#54ガードナーがファストブレイク、スティールから連続得点を挙げると、#32シェーファーも高さのミスマッチを生かしてドライブ、カットインの連続得点で続く。滋賀は#54 オマラのインサイド、#23 ガドソンの3Pシュートで渡り合い、激しい点の取り合いを繰り広げる。

滋賀#54オマラのゴール下でリードされるも、素早いボールムーブから#4細谷が3Pシュートを沈めて13-12と逆転。#32シェーファー、#4細谷がルーズボールに飛び込むファイトあふれるプレーでチームのエナジーを高めると、#32シェーファーのカットイン、#9ローレンス Ⅱの3Pシュートで得点を伸ばしていく。

攻守にインサイドを支配して、#32シェーファーの合わせ、#19西田のドライブで加点。滋賀にインサイドへの侵入を許さず、外からタフショットを打たせてはリバウンドを回収。そこからファストブレイクに転じて効率良く得点を重ね、11点リードと試合の主導権を握る。

【関連記事】止まらない白井審判員の炎上問題 絶対に犯してはいけなかった最大の過ちとは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧